www.houstonbusinessshow.com

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい




2008 シャトームートンロートシルト 750ml 1本 Ch.Mouton Rothschild 1bt 送料無料,100%新品

Year Wine Name Rating Maturity 2008Mouton-Rothschild942016-2040eRobertParker.com #216 (2014-12-30)From an underrated vintage for many Bordeaux wines, the 2008 Mouton-Rothschild reveals classic notes of cigar box, forest floor, underbrush, vanillin, camphor, chocolate and abundant blackcurrant and blackberry fruit. Beautifully finessed tannins coat the mouth, giving the wine a savory, expansive texture with no hard edges. It still has some tannin to shed, but this beauty is evolving quickly, displaying wonderful secondary nuances. It should age for 25+ years. 2008 シャトームートンロートシルト 750ml 1本 Ch.Mouton Rothschild 1bt 送料無料,100%新品

2000 シャトームートンロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild 送料無料,大得価

r> 2000 Mouton-Rothschild 96+ 2015 - 2050 Wine Advocate #189 Jun 2010 Perhaps the most beautiful packaging ever on a Bordeaux bottle, Baroness Philippine de Rothschild literally produced a work of art in the gold-engraved bottle of 2000 Mouton Rothschild. Of course, one can’t drink the glass, but this is a top-flight Mouton Rothschild, eclipsed only by the 2006 and 2009. A rich, tannic, earthy style, with loads of creme de cassis and floral notes, the final blend of 86% Cabernet Sauvignon and 14% Merlot is a full-bodied wine with plenty of coffee, earth, chocolatey notes, and still plenty of tannin to resolve. I gave it an anticipated maturity range of 2015-2050 back in 2003, and that looks on target. Year Wine Name Rating Maturity 2000 Mouton-Rothschild 97+ 2012-2050 ボルドー第4版 巨獣ビヒモスのような、巨人のような2000年ムートン・ロートシ ルト(カベルネ・ソーヴィニョン86%、メルロ14%)は、縁いっ ぱいまで濃い紫色と、インク、カシス、甘草、湿った土、甘いオ ークのアロマを誇っている。また、カシスを思わせる風味の特徴 にはほのかなトリュフも感じられる。1986年、1982年以降ではま ぎれもなく最も偉大なムートンである。荘厳な作品で、間違いな く閉じるはずだが、格別に長寿なものとなるだろう。 色は濃いが、メドックの一級付銘柄のうちでは最も熟成した外観。十分に熟成し、個性的な「モカ」とチョコレートの香り。素敵だが「非典型的」なムートンの香りだ。辛口でとても風味があり、かすかなバニラ、爽やかなカベルネ・ソーヴィニヨンの味わい。かなりの鋭い酸味。最後の試飲は2005年10月。★★★★★ 2010~2025年 ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳 2000 シャトームートンロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild 送料無料,大得価

1984 シャトーラフィットロートシルト 750mlCh.Lafite Rothschild SALE,人気SALE

Year Wine Name Rating Maturity 1984 Lafite-Rothschild 84 1988 Bordeaux Book, 3rd Edition Jan 1998 The personality of Lafite comes through in the 1984 vintage. An elegant bouquet of herbaceous, cedary fruit is first class. New oak dominates the palate and some hard tannins exhibit a dryness at the finish. The 1984 is a light but well-balanced wine. Anticipated maturity: Now.   1984 シャトーラフィットロートシルト 750mlCh.Lafite Rothschild SALE,人気SALE

1993 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 高品質,新作

idth="70">2007-2025 ボルドー第3版 このヴィンテージの傑作であるラトゥールの1993年は、非常に濃い紫で、内向的なノーズは西洋杉と黒胡桃、カシス、土のにおいがする。ミディアムボディからフルボディ、ゴージャスな豊かさ、凝縮した果実味、ほどよい高いタンニン(しかし収斂味はまったくない)、そして甘い、長い、力強いフィニッシュを示す。このヴィンテージ特有の青物のような、ピーマンのような特徴は少しも持ち合わせず、中身の抜けた感じや荒っぽさもない。これは評価が上がりそうだ。このヴィンテージは1967年お1971年の再現となるか?飲み頃予想:2007年から2025年 最終試飲月:97年1月 1993 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 高品質,新作

1988 シャトームートンロートシルトインペリアル 6000ml 木箱入り上蓋なし Ch.Mouton Rothschild Imperial 6000mlキースヘリング アメリカ Keith Haring 得価,正規品

Year Wine Name Rating Maturity 1988 Mouton-Rothschild 92 now ボルドー第4版 このヴィンテージの最も大柄なメドックの1つである。濃いガーネット/プラム色をした1988年ムートンは、アジアのスパイス、乾燥ハーブ、ミネラル、コーヒー、ブラックカラント、甘いオークを思わせる魅力的なアロマを持つ。1989年によく似て、魅惑的なブーケだ。風味は大きさを増し続けており、私が当初思ったより良好なワインとなっている。口に含むと、1989年より硬い、より頑強な、より明白にタニックなワインなのだが、フルボディで、称賛に値するブドウの完熟感もある。筋肉質で、スケールが大きい1988年で、あと15~20年は持ちこたえるはずである。私は幼児期のこのワインを明らかに過小評価していた。真実を言ってよいなら、より名声の高い1990年や1989年より優れたワインなのである!予想される飲み頃:2008~2030年。最終試飲年月:2002年3月 1988 シャトームートンロートシルトインペリアル 6000ml 木箱入り上蓋なし Ch.Mouton Rothschild Imperial 6000mlキースヘリング アメリカ Keith Haring 得価,正規品

1979 シャトーラフィットロートシルト 750mlCh.Lafite Rothschild 人気セール,お得

d> Wine Name Rating Maturity 1979 Lafite-Rothschild 87 now-2012 ボルドー第4版 私はこのワインを若いうちは過大評価してしまったが、瓶内での 成長ぶりには喜べないでいる。涼しい年らしい強い酸が残ってい るため、私が思い描いていたより圧迫感のある性格になっている のだ。色はルビー/ガーネット色のままだが、縁にはかなりの琥 珀色が見られる。ノーズも、より野菜のような、土っぽい趣を帯 び、オークや甘いレッドカラントも感じられる。キレのよい酸が タンニンの角を攻撃的なままにし、味覚も相対的に圧迫感のある ものにしている。どんどんやつれていくようだ。予想される飲み 頃:現在~2012年。最終試飲年月:2001年12月 とても濃い色で、ビロードのよう。快い香り。ずっしりしているが、いまだにタンニンが強い。優れた79年物だが。。。★★★ ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳 1979 シャトーラフィットロートシルト 750mlCh.Lafite Rothschild 人気セール,お得

1965 シャトームートンロートシルト 750ml Ch.Mouton Rothschild お買い得,本物保証

Year Wine Name Rating Maturity 1962 Mouton-Rothschild 92 now-2008 講談社 『BORDEAUX ボルドー 第3版』 この本の以前の版で、私は、瓶ごとの違いがありすぎると文句を言ったが、ここ数年間にわたる3回の、完璧に貯蔵された瓶からのテイスティングでは、申し分ないワインであると分かった。1962年はこの上なく香りが華やかで、暗いガーネット色のエッジが薄くなってきている。ジャムのような黒い果実と西洋杉、煙の甘いノーズに、ビロードの舌触り、ミディアムボディからフルボディで、硬い角のないワインだ。圧倒的に豊かで、ふくよかなムートン。さらに年とともに個性と複雑さを加えている。 飲み頃予想:現在から2008年 1965 シャトームートンロートシルト 750ml Ch.Mouton Rothschild お買い得,本物保証

1985 シャトームートンロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild 限定セール,豊富な

Year Wine Name Rating Maturity 1985 Mouton-Rothschild 90+ now ボルドー第4版 シャトーの側では1985年を1959年と比較しているが、1989年や1962年、1953年のワインのほうが似ている。豊かな、複雑な、十分に成長したブーケはアジアのスパイス、香ばしいオーク、ハーブ、完熟した果実を思わせて、すばらしい。味わってみると、これまたリッチで、外向的で、余韻が長く、セクシー。1985年のオー=ブリオンやシャトー・マルゴーの次に格付けされる。食欲をそそる、大胆な香りのするムートンを探している方はほかのヴィンテージを探していただきたい。なぜなら飼い慣らされた、外向的な、中量級の、エレガントなワインだからだ。十分な飲み頃になっているが、あと15年強は持ちこたえる能力もある。予想される飲み頃:現在~2015年。最終試飲年月:2001年12月 深いブラックチェリー色。熟成しているのにかなり濃い。「とてもムートン的」な香りで、わくわくするドラマを感じる。独特のスパイシーさでユーカリを思わせるブーケ。初口は甘く、柑橘味を帯びた良い果実味、余韻とタンニンも快い。今が盛りだが長命。最後の試飲は2006年7月。★★★★(★★★) 今~2025年 ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳 1985 シャトームートンロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild 限定セール,豊富な

1989 シャトーラフィットロートシルト 750mlCh.Lafite Rothschild 大得価,正規品

Year Wine Name Rating Maturity 1989 Lafite-Rothschild 90 now-2025 ボルドー第4版 中量級の、古典的なラフィットの1989年はちょうど休眠期から出てこようとしているところである。暗いルビー色をしており、ミディアムボディで、ノーズとスパイシーなフィニッシュに新樽を感じさせる。骨の髄までエレガントな、つつましい、派手さのないスタイルをしているが、最終的な分析結果によると、このシャトーの最も偉大な作品が持つ深遠な深みや中間部には欠けている。予想される飲み頃:2006~2025年。最終試飲年月:2001年12月     暖かく豊かな色、へりはほのかなオレンジ色。芳醇なブーケは見事で、しかも測り知れない奥深さと濃縮度を持つ。とてつもない「初口の勢い」、リッチな飲み口、感じのいい重み、優れた果実味、たっぷりのタンニンと酸味。最後の試飲は2002年5月。★★★★★ 2010年~2030年 ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳 1989 シャトーラフィットロートシルト 750mlCh.Lafite Rothschild 大得価,正規品

1979 シャトームートンロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild お買い得,大人気

Year Wine Name Rating Maturity 1979 Mouton-Rothschild 76 now ボルドー 第3版 これまた発達していない例。しかも悲しいことに、瓶の中で齢を重ねてもあまりよいことがない。酸度の高いムートンで常に厳しく、若い頃にはあったブラックカラントの果実味さえ今や消えたというか、蒸発してしまったようだ。目立つところのないアロマと味わいは主にタンニンと酸味、アルコール、木の香りでできている。1979年のムートンは面白みがなくて、出世も見込めない。飲み頃予想:現在 最終試飲月:97年10月 講談社 『BORDEAUX ボルドー 第3版』 1979 シャトームートンロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild お買い得,大人気

1984 シャトーラフィットロートシルト 750mlCh.Lafite Rothschild 品質保証,安い

Year Wine Name Rating Maturity 1984 Lafite-Rothschild 84 1988 Bordeaux Book, 3rd Edition Jan 1998 The personality of Lafite comes through in the 1984 vintage. An elegant bouquet of herbaceous, cedary fruit is first class. New oak dominates the palate and some hard tannins exhibit a dryness at the finish. The 1984 is a light but well-balanced wine. Anticipated maturity: Now.   1984 シャトーラフィットロートシルト 750mlCh.Lafite Rothschild 品質保証,安い

1982 シャトームートンロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild 超激得,豊富な

2012年9月13日 ポイヤックランキング1位にランクイン!! 2012年8月24日 ポイヤックランキング1位にランクイン!! 2012年8月29日 ポイヤックランキング3位にランクイン!! Year Wine Name Rating Maturity 1982 Mouton-Rothschild 100 now Wine Advocate #183 (2009-06-30) このワインは、伝説的なボルドーの一つであることに変わりない。酒齢25年になるまで存在した内向的で、若々しいスタイルは投げ捨てた。また、過去4~5年の間に西洋杉やスパイス箱のような二次的ニュアンスを身につけた。レクーム・ド・カシス、下地となる花のような趣、フルボディの力強さ、並はずれた純粋さ、多層的な舌触り、1分以上持ちこたえるフィニッシュが、このシャトーの1982の作品の特長である。いまだに驚くほど若々しく、生気あふれる、純粋なワイン。2082年になってもフルーティーで、生気あふれる状態を維持する能力がありそうだ。嬉しいことに、動きを見せ始めている。生きている間に、自分が供給するワインのほとんどを飲んでおきたいという私の願いに応えてくれているようだ。これは、偉大な、いまでも若々しいワインであり、この一級畑の複雑さと輝かしさを見ると、ボルドーのシャトーの序列が分かるというものだ。予想される飲み頃:2015~2050年以降。 Year Wine Name Rating Maturity 1982 Mouton-Rothschild 100 now ボルドー第4版 縁いっぱいまで濃い紫色をしたムートン・ロートシルトは、いまだに最も内向的で成長していない1982年である。瓶詰め後の最初の5~6年は、圧倒される、すばらしくリッチで華やかな性格を見せつけていたが、1980年代後半以降は徐々に閉じこもっていった。再び舞台に上がってくるのがいつか、見積もるのは難しい。私は毎回飲む12~24時間前にデキャントすることにしている。厚みのある、とろりとした舌触りをした、ジャムにでもしたかのような果実味や、けたはずれの風味の凝縮感がこのヴィンテージの特質であることに変わりはないが、このワインはちっとも成長しておらず、10歳にもなっていないかのような振る舞いを見せる。重々しい、力強いムートンで、巨大なタンニンや、途方もないボディがある。1970年や1961年よりかなりリッチで、1959年や1945年と比較できると言ったからとて眉唾ではない! 嬰児殺しをしたくないならあと5~10年はセラーで寝かせていただきたい。ラトゥールと同じく、この年のムートン・ロートシルトも50~60年ものとなる潜在能力を持っているが、この年のラトゥールよりはるかに近づきにくいものとなっている。自制心に欠けるマゾヒストには、少なくとも8~12時間前にはデキャントするのを忘れないようにと言わせていただく。ふたをしたデキャンタで30時間ほども呼吸させれば並はずれた潜在能力を見せてくれるはずである。伝説的なワインだ! 予想される飲み頃:2007~2065年。最終試飲年月:2002年8月 1982 シャトームートンロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild 超激得,豊富な

1959 シャトーラフィットロートシルト フルボトル A Ch.Lafite Rothschild 750ml 1bt 高品質,HOT

(液面レベル) トップ・ショルダー 15年以上経過したワインは、通常この液面レベルです。 Year Wine Name Rating Maturity 1959 Lafite-Rothschild 99 1994-2024 Wine Advocate # 194 May 2011 The 1959 is unquestionably the greatest Lafite-Rothschild that has approached full maturity. It remains to be seen whether vintages such as 1982, 1986, and 1990 will reach a similar height. The super-aromatic bouquet of flowers, black truffles, cedar, lead pencil, and red fruits is followed by one of the most powerful and concentrated Lafites I have tasted. Medium to full-bodied, velvety-textured, rich, and pure, it is a testament to what this great estate can achieve when it hits the mark. This youthful wine will last for another 30 or more years. 1959年(99点、最終試飲月:94年10月)は、完全な飲み頃に近づいているラフィット=ロートシルトのうちで間違いなく最も偉大なワインである1982年,1986年,1990年などのヴィンテージが同様の高みに近づくのか見守る必要はあるが。 花、黒トリュフ、西洋杉、鉛筆、赤い果実から成る非常に香り高いブーケの後に、私が今までにティスティングしたなかでも最高の部類の力強さと凝縮感のある味わいが続く。ミディアムボディからフルボディで、ビロードの舌触りがあり、豊かで 純粋なワインだ。この偉大なるブドウ園が目標を達成したときに得られる成果の証と言えよう。この若々しいワインは、さらに30年以上もつだろう。 Ch.LAFITE 1959 24 notes since 1975. Undoubtedly a great wine. Very rich, fragrant, elegant, though hefty for Lafite. Plenty of life. Good notes from the mid-1970s to the 1980s, with theexception of a rather ‘hot’ slightly acidic bottle at Flatt’s marathon in 1988.Most recently Walter Eigensatz presented us with bottles, magnums, a double-magnum, a jeroboam and an imperiale which were tasted blind in random order. The imperiale I noted as ‘’firm’’ with ‘’great length’’ and ‘’needs more time’’. The jeroboam was perfect and just surged out of the glass. The double-magnum seemed the most supple and ready; the magnums excellent; the bottles slightly variable. ラフィットの史上で最良品のひとつで、もっと繊細な香りの53年物とは全く異なる。 長持ちする。最新の試飲はマグナムにて:ダークチェリー色の芯を持つ深い色。香りの出現が遅く、最初はかすかな鉄臭の抑えた芳香であった。甘い、おいしい風味が満ちる。偉大な余韻。 歯を引き締めるようなタンニンがあってスパイシー。ラフィットの名を裏切らない。 出色。最後の試飲は2006年7月。★★★★★ 今後さらに良くなるだろう。 Michael Broadbent (マイケル・ブロードベンド著 THE NEW GREAT VINTAGE WINE BOOK )  1959 シャトーラフィットロートシルト フルボトル A Ch.Lafite Rothschild 750ml 1bt 高品質,HOT

1989 シャトーラトゥール 750ml Ch.Latour 人気SALE,SALE

Year Wine Name Rating Maturity 1989 Latour 89 now-2015 ボルドー第4版 1989年のラトゥールはボルドーの偉大なヴィンテージを強烈に そそるものにしている多くの特徴のやわらかさや、ブドウの完熟 感、甘い果実味は持っているのだが、問題はそれらの要素の量が 不十分だということだ。成長した暗いルビー色をしているが、縁 には琥珀色も見られる。ノーズはカラメル、コーヒー、熟したブ ラックチェリーやカラントの果実、西洋杉、スパイス箱のアロマ を提供する。ミディアムボディで、酸は弱いが、このワインは中 間部のコクに欠けているし、驚くほど唐突なフィニッシュである。 非常に上質な、おいしいワインなのだが、生産者側がほのめかし ているほどの重みや風味の多面性を持つようになるとは信じがた い。予想される飲み頃:現在~2020年。最終試飲年月:2000年6月     色は深く中間的な濃さ、まだ若々しい。香りは控えめだが、気持良く開花する。とても甘く濃厚で、杉香りもある。辛口で爽やか。程好い重みだが(アルコール度が12.5%)、エキス度は高い。爽やかで、コショウ味、タンニンの切れ味。極上の味わいになるには、十分な熟成を要する。 ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳 1989 シャトーラトゥール 750ml Ch.Latour 人気SALE,SALE

1947 シャトーラフィットロートシルト A 750mlCh.Lafite Rothschild 限定セール,定番

Ch.LAFITE 1947 14 notes, fairly consistent. A beautiful, well-balanced wine in the late 1950s. Not deep, always fairly maturing-looking. By the mid-1980s furthe evolution of bouquet which, in turn, developed in the glass. Touches of iodine, iron, vanilla, ‘medicinal’ Pauillac but always fragrant. Sweetish, a full-flavoured wine with elegance and power, and excellent acidity. The best probably the magnum at a Marin County Wine & Food Society dinner in 1986 シャトー・ラフィット ベリー・ブラザーズの酒庫からの2本のハーフボトルについて:魅力的なブーケ。今ではスリムだが好ましい。最後の試飲は2005年4月。 最上で★★★★飲んでしまうこと。 Michael Broadbent (マイケル・ブロードベンド著 THE NEW GREAT VINTAGE WINE BOOK ) 1947 シャトーラフィットロートシルト A 750mlCh.Lafite Rothschild 限定セール,定番

1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour お得

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 1997-2040 ボルドー第3版 私は幸せなことに、このワインを11回も、それぞれ違った機会に試すことができたが、多くはこの数年に集中している。レギュラー・ボトルからもマグナムからも飲んだことがある。常に100点満点。テイスティングの場所が大陸のこちら側だろうと合衆国であろうと関係ない。このワインはフルボディの記念碑的ポイヤックで、カベルネのシロップと見まがう味がある。ポート・ワインにも似たなめらかな、噛みごたえのある舌触りがたまらない。色は非常に濃い紫からガーネットのまま。黒い果実とトリュフ、なめし革、西洋杉、ミネラルを含んだ天国のような上質なノーズだ。何度か、そのジャムのような甘さ、アロマに騙されて、ペトリュスと勘違いしてしまったことがある(全然ワインの性質が違うのに、困ったものだ)。 1961年のラトゥールはいまだにゴージャスに甘く豊かで、エッジの琥珀色はまったく生じないし、古びた兆候も見せない。堂々たる桁外れなボルドーで、私が試した最上のワインのひとつであることは確かだ。 飲み頃予想:現在から2040年 最終試飲月:97年6月 Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 now-2030 ボルドー第4版 ポートのようでとろりとした舌触りがあり、暗いガーネット色の縁には相当な琥珀色も見られる。1961年ラトゥールの、このねっとり感や厚みに迫るのは1982年や1959年のようなヴィンテージのみだ。2000年にシャトーで開かれた試飲会で供された3本のうち、1本は驚くほど攻撃的な、ミントのような、草っぽいノーズが見られたが、残りの2本は完ぺきな液体で、かぐわしい、西洋杉のような、トリュフ、なめし革、ミネラル、そして甘い、ジャムにしたような香りが見られ、フルボディの、官能的な舌触りや、絶妙な純粋さや凝縮感があったし、層状の、とてもニュアンスのあるフィニッシュは心を動かされずにはおれないほど偉大なワインのエッセンスだった。1961年は十分な飲み頃になって15年以上にもなるが、1982年とよく似て、どうやらよりリッチなものになっていくようで、みずみずしさやふくよかさを持ったまま、アロマのニュアンスはさらに成長してきており、甘さや凝縮感は失っていない。並はずれたワインで、まぎれもなく20世紀における伝説的なボルドーの1つである! 予想される飲み頃:現在~2025年。最終試飲年月:2000年6月 1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour お得

2004 シャトーラフィットロートシルト 750ml 1本Ch.Lafite Rothschild 正規品,SALE

Year Wine Name Rating Maturity 2004 Lafite-Rothschild 95 2009-2039 Wine Advocate #171 Jun 2007 This beautiful, stunningly dense purple-colored effort (includes about 90% Cabernet Sauvignon) offers up precise notes of graphite, black cherries, cassis, scorched earth, and minerals. Medium to full-bodied with fabulous fruit, impressive richness, refreshing acidity, and sweet tannin, this beauty should be approachable in 4-5 years, and last for three decades. As Lafite Rothschilds go, this is somewhat of a sleeper vintage. 2004 シャトーラフィットロートシルト 750ml 1本Ch.Lafite Rothschild 正規品,SALE

2006 シャトーラフィットロートシルト フルボトル 1本Ch.Lafite Rothschild 2006 750ml 1bt 激安大特価,得価

Year Wine Name Rating Maturity 2006 Lafite-Rothschild 97 2014-2035 Wine Advocate #181 Feb 2009 One of the fabulous surprises, although I had suggested last year that it could jump in quality, of my tastings, the 2006 Lafite Rothschild is a great, great wine made from a blend of 82% Cabernet Sauvignon, 16% Merlot, and 2% Petit Verdot. When I tasted it from barrel, it reminded me of their successful 1988, but it is dramatically superior to that vintage. Frankly, it may turn out to be as good as the 2005, which in all of Bordeaux is a far greater vintage than 2006. Lafite’s severe selection process (42% made it into the grand vin) resulted in a full-bodied wine boasting an extraordinary perfume of charcoal, truffles, lead pencil shavings, and sensationally sweet, ripe black currant and cedar notes. A wine of extraordinary intensity, texture, and depth with silky tannins as well as awesome concentration, this has turned out to be a remarkable Lafite Rothschild that should be drinkable much earlier than the 2005, but age for three decades. Anticipated maturity: 2014-2035+. 2006 シャトーラフィットロートシルト フルボトル 1本Ch.Lafite Rothschild 2006 750ml 1bt 激安大特価,得価

1979 シャトームートンロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild 爆買い,定番

Year Wine Name Rating Maturity 1979 Mouton-Rothschild 76 now ボルドー 第3版 これまた発達していない例。しかも悲しいことに、瓶の中で齢を重ねてもあまりよいことがない。酸度の高いムートンで常に厳しく、若い頃にはあったブラックカラントの果実味さえ今や消えたというか、蒸発してしまったようだ。目立つところのないアロマと味わいは主にタンニンと酸味、アルコール、木の香りでできている。1979年のムートンは面白みがなくて、出世も見込めない。飲み頃予想:現在 最終試飲月:97年10月 講談社 『BORDEAUX ボルドー 第3版』 1979 シャトームートンロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild 爆買い,定番

1975 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 得価,最新作

Year Wine Name Rating Maturity 1975Latour93データなしIn Asia #1111 (2011-11-30)Medium-deep brick colored with notes of leather, tobacco, soy, sandalwood, figs and dried berries. Medium bodied and crisp in the mouth with a medium level of velvety tannins, it is fully mature with a long spicy finish. Year Wine Name Rating Maturity 1975Latour90?nowボルドー第4版ほとんどの1975年のメドックは瓶熟成させるうちによりやせた、 より生硬な、どんどん難のあるものになっている。対照的に、い くつかのグラーヴ(特にオー=ブリオンとラ・ミッション・オー= ブリオン)とたいていのポムロールは風味が深まり、この過大評 価されたヴィンテージにおけるスターとなっている。暗いルビ ー/ガーネット色をした1975年ラトゥールは、辛口の、ミネラル、 タバコ、小石のような香りのするノーズを表し、レッドカラント やブラックカラントが西洋杉、スパイス箱、バルサムの樹と競い 合うかのようなアロマもある。口に含むと硬く濃厚で、手強い、 渋いタンニンがあり、体?は鋼鉄のようで、凝縮感もたっぷりな のだが、愛想の悪い、内向的なスタイルをしている。この若々し い1975年は、あと20年は持ちこたえる能力があるが、これもどん どんやつれた、硬いワインになっていくのだろうか。予想される飲み頃:現在~2020年。最終試飲年月:2000年6月 高い芳香。少し皮革香があるが、良い果実味と風味を備える。もちろんまだタンニン味がある。★★★ 今後改善され得る。 ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳 1975 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 得価,最新作

2006 シャトーラフィットロートシルト フルボトル 1本Ch.Lafite Rothschild 2006 750ml 1bt 人気定番,送料無料

Year Wine Name Rating Maturity 2006 Lafite-Rothschild 97 2014-2035 Wine Advocate #181 Feb 2009 One of the fabulous surprises, although I had suggested last year that it could jump in quality, of my tastings, the 2006 Lafite Rothschild is a great, great wine made from a blend of 82% Cabernet Sauvignon, 16% Merlot, and 2% Petit Verdot. When I tasted it from barrel, it reminded me of their successful 1988, but it is dramatically superior to that vintage. Frankly, it may turn out to be as good as the 2005, which in all of Bordeaux is a far greater vintage than 2006. Lafite’s severe selection process (42% made it into the grand vin) resulted in a full-bodied wine boasting an extraordinary perfume of charcoal, truffles, lead pencil shavings, and sensationally sweet, ripe black currant and cedar notes. A wine of extraordinary intensity, texture, and depth with silky tannins as well as awesome concentration, this has turned out to be a remarkable Lafite Rothschild that should be drinkable much earlier than the 2005, but age for three decades. Anticipated maturity: 2014-2035+. 2006 シャトーラフィットロートシルト フルボトル 1本Ch.Lafite Rothschild 2006 750ml 1bt 人気定番,送料無料

1982 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 安い,100%新品

Year Wine Name Rating Maturity 1982 Latour 100 now-2050 Wine Advocate #183 (2009-06-30) 1982年ラトゥールは、常に、いささか型破り(これは、より最近の2003年にも言えるのではないかと思う)。メドック北部産、特にサン・ジュリアン、ポイヤック、サン・テステフの中でも最も豪勢で、けばけばしく、早熟だった。この10~15年、あまり変化しておらず、甘いタンニンのほかに、並はずれて頽廃を感じさせるほどの、むちゃくちゃとも言えるレベルの果実味、グリセリン、ボディが見られる。驚くべきワインで、西洋杉の風味があるブラックベリーとブラックカラントの果実味にはみずみずしさと汁気の多さが見られるところから、それを理由に私は、右岸のポムロール産ワインとして実際に何度もこのワインを選んだことがある。このヴィンテージは、若い頃でさえ、いつ試飲しても絶品だったし、このシャトーからは想像できない早熟さが見られた。1982年は、いまでも氷河のようにゆっくりとしたペースで成長し続けている。凝縮感は、いまでも特筆に値し、フルボディで、旺盛で、コクのあるワインである。この古典的なポイヤックは、アロマの強い、風味のある特徴を見せる。また、このワインは、ちょうど活気づいており(ステロイド剤を打ったアスリートのように)、その分、良さも増している。この特筆に値する労作は、1982年のムートンと同程度の期間は持ちこたえるであろう。ただし、この作品の方が常により近づきやすく、頽廃を感じさせるほどフルーティーであった。今飲んでもよいし、20年先、50年咲きに飲んでもよい! ワイン愛好家ならば、お見逃しなく。 豊かな色調。とても芳しい古典的な杉の香り。極上の果実味と、砂糖をまぶしたアーモンドの風味と、タンニン味。感動する。最後の試飲は2005年7月。★★★★★ ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳   1982 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 安い,100%新品

1959 シャトーラフィットロートシルト フルボトル A Ch.Lafite Rothschild 750ml 1bt 定番,爆買い

(液面レベル) トップ・ショルダー 15年以上経過したワインは、通常この液面レベルです。 Year Wine Name Rating Maturity 1959 Lafite-Rothschild 99 1994-2024 Wine Advocate # 194 May 2011 The 1959 is unquestionably the greatest Lafite-Rothschild that has approached full maturity. It remains to be seen whether vintages such as 1982, 1986, and 1990 will reach a similar height. The super-aromatic bouquet of flowers, black truffles, cedar, lead pencil, and red fruits is followed by one of the most powerful and concentrated Lafites I have tasted. Medium to full-bodied, velvety-textured, rich, and pure, it is a testament to what this great estate can achieve when it hits the mark. This youthful wine will last for another 30 or more years. 1959年(99点、最終試飲月:94年10月)は、完全な飲み頃に近づいているラフィット=ロートシルトのうちで間違いなく最も偉大なワインである1982年,1986年,1990年などのヴィンテージが同様の高みに近づくのか見守る必要はあるが。 花、黒トリュフ、西洋杉、鉛筆、赤い果実から成る非常に香り高いブーケの後に、私が今までにティスティングしたなかでも最高の部類の力強さと凝縮感のある味わいが続く。ミディアムボディからフルボディで、ビロードの舌触りがあり、豊かで 純粋なワインだ。この偉大なるブドウ園が目標を達成したときに得られる成果の証と言えよう。この若々しいワインは、さらに30年以上もつだろう。 Ch.LAFITE 1959 24 notes since 1975. Undoubtedly a great wine. Very rich, fragrant, elegant, though hefty for Lafite. Plenty of life. Good notes from the mid-1970s to the 1980s, with theexception of a rather ‘hot’ slightly acidic bottle at Flatt’s marathon in 1988.Most recently Walter Eigensatz presented us with bottles, magnums, a double-magnum, a jeroboam and an imperiale which were tasted blind in random order. The imperiale I noted as ‘’firm’’ with ‘’great length’’ and ‘’needs more time’’. The jeroboam was perfect and just surged out of the glass. The double-magnum seemed the most supple and ready; the magnums excellent; the bottles slightly variable. ラフィットの史上で最良品のひとつで、もっと繊細な香りの53年物とは全く異なる。 長持ちする。最新の試飲はマグナムにて:ダークチェリー色の芯を持つ深い色。香りの出現が遅く、最初はかすかな鉄臭の抑えた芳香であった。甘い、おいしい風味が満ちる。偉大な余韻。 歯を引き締めるようなタンニンがあってスパイシー。ラフィットの名を裏切らない。 出色。最後の試飲は2006年7月。★★★★★ 今後さらに良くなるだろう。 Michael Broadbent (マイケル・ブロードベンド著 THE NEW GREAT VINTAGE WINE BOOK )  1959 シャトーラフィットロートシルト フルボトル A Ch.Lafite Rothschild 750ml 1bt 定番,爆買い

1982 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 激安大特価,爆買い

Year Wine Name Rating Maturity 1982 Latour 100 now-2050 Wine Advocate #183 (2009-06-30) 1982年ラトゥールは、常に、いささか型破り(これは、より最近の2003年にも言えるのではないかと思う)。メドック北部産、特にサン・ジュリアン、ポイヤック、サン・テステフの中でも最も豪勢で、けばけばしく、早熟だった。この10~15年、あまり変化しておらず、甘いタンニンのほかに、並はずれて頽廃を感じさせるほどの、むちゃくちゃとも言えるレベルの果実味、グリセリン、ボディが見られる。驚くべきワインで、西洋杉の風味があるブラックベリーとブラックカラントの果実味にはみずみずしさと汁気の多さが見られるところから、それを理由に私は、右岸のポムロール産ワインとして実際に何度もこのワインを選んだことがある。このヴィンテージは、若い頃でさえ、いつ試飲しても絶品だったし、このシャトーからは想像できない早熟さが見られた。1982年は、いまでも氷河のようにゆっくりとしたペースで成長し続けている。凝縮感は、いまでも特筆に値し、フルボディで、旺盛で、コクのあるワインである。この古典的なポイヤックは、アロマの強い、風味のある特徴を見せる。また、このワインは、ちょうど活気づいており(ステロイド剤を打ったアスリートのように)、その分、良さも増している。この特筆に値する労作は、1982年のムートンと同程度の期間は持ちこたえるであろう。ただし、この作品の方が常により近づきやすく、頽廃を感じさせるほどフルーティーであった。今飲んでもよいし、20年先、50年咲きに飲んでもよい! ワイン愛好家ならば、お見逃しなく。 豊かな色調。とても芳しい古典的な杉の香り。極上の果実味と、砂糖をまぶしたアーモンドの風味と、タンニン味。感動する。最後の試飲は2005年7月。★★★★★ ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳   1982 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 激安大特価,爆買い

1979 シャトームートンロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild 限定SALE,品質保証

Year Wine Name Rating Maturity 1979 Mouton-Rothschild 76 now ボルドー 第3版 これまた発達していない例。しかも悲しいことに、瓶の中で齢を重ねてもあまりよいことがない。酸度の高いムートンで常に厳しく、若い頃にはあったブラックカラントの果実味さえ今や消えたというか、蒸発してしまったようだ。目立つところのないアロマと味わいは主にタンニンと酸味、アルコール、木の香りでできている。1979年のムートンは面白みがなくて、出世も見込めない。飲み頃予想:現在 最終試飲月:97年10月 講談社 『BORDEAUX ボルドー 第3版』 1979 シャトームートンロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild 限定SALE,品質保証

2000 シャトームートンロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild 得価,人気セール

r> 2000 Mouton-Rothschild 96+ 2015 - 2050 Wine Advocate #189 Jun 2010 Perhaps the most beautiful packaging ever on a Bordeaux bottle, Baroness Philippine de Rothschild literally produced a work of art in the gold-engraved bottle of 2000 Mouton Rothschild. Of course, one can’t drink the glass, but this is a top-flight Mouton Rothschild, eclipsed only by the 2006 and 2009. A rich, tannic, earthy style, with loads of creme de cassis and floral notes, the final blend of 86% Cabernet Sauvignon and 14% Merlot is a full-bodied wine with plenty of coffee, earth, chocolatey notes, and still plenty of tannin to resolve. I gave it an anticipated maturity range of 2015-2050 back in 2003, and that looks on target. Year Wine Name Rating Maturity 2000 Mouton-Rothschild 97+ 2012-2050 ボルドー第4版 巨獣ビヒモスのような、巨人のような2000年ムートン・ロートシ ルト(カベルネ・ソーヴィニョン86%、メルロ14%)は、縁いっ ぱいまで濃い紫色と、インク、カシス、甘草、湿った土、甘いオ ークのアロマを誇っている。また、カシスを思わせる風味の特徴 にはほのかなトリュフも感じられる。1986年、1982年以降ではま ぎれもなく最も偉大なムートンである。荘厳な作品で、間違いな く閉じるはずだが、格別に長寿なものとなるだろう。 色は濃いが、メドックの一級付銘柄のうちでは最も熟成した外観。十分に熟成し、個性的な「モカ」とチョコレートの香り。素敵だが「非典型的」なムートンの香りだ。辛口でとても風味があり、かすかなバニラ、爽やかなカベルネ・ソーヴィニヨンの味わい。かなりの鋭い酸味。最後の試飲は2005年10月。★★★★★ 2010~2025年 ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳 2000 シャトームートンロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild 得価,人気セール

2000 シャトームートンロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild 爆買い,2015

r> 2000 Mouton-Rothschild 96+ 2015 - 2050 Wine Advocate #189 Jun 2010 Perhaps the most beautiful packaging ever on a Bordeaux bottle, Baroness Philippine de Rothschild literally produced a work of art in the gold-engraved bottle of 2000 Mouton Rothschild. Of course, one can’t drink the glass, but this is a top-flight Mouton Rothschild, eclipsed only by the 2006 and 2009. A rich, tannic, earthy style, with loads of creme de cassis and floral notes, the final blend of 86% Cabernet Sauvignon and 14% Merlot is a full-bodied wine with plenty of coffee, earth, chocolatey notes, and still plenty of tannin to resolve. I gave it an anticipated maturity range of 2015-2050 back in 2003, and that looks on target. Year Wine Name Rating Maturity 2000 Mouton-Rothschild 97+ 2012-2050 ボルドー第4版 巨獣ビヒモスのような、巨人のような2000年ムートン・ロートシ ルト(カベルネ・ソーヴィニョン86%、メルロ14%)は、縁いっ ぱいまで濃い紫色と、インク、カシス、甘草、湿った土、甘いオ ークのアロマを誇っている。また、カシスを思わせる風味の特徴 にはほのかなトリュフも感じられる。1986年、1982年以降ではま ぎれもなく最も偉大なムートンである。荘厳な作品で、間違いな く閉じるはずだが、格別に長寿なものとなるだろう。 色は濃いが、メドックの一級付銘柄のうちでは最も熟成した外観。十分に熟成し、個性的な「モカ」とチョコレートの香り。素敵だが「非典型的」なムートンの香りだ。辛口でとても風味があり、かすかなバニラ、爽やかなカベルネ・ソーヴィニヨンの味わい。かなりの鋭い酸味。最後の試飲は2005年10月。★★★★★ 2010~2025年 ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳 2000 シャトームートンロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild 爆買い,2015

1961 シャトーラフィットロートシルト 750mlA リコルクありCh.Lafite Rothschild 限定セール,豊富な

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Lafite-Rothschild 91 now Wine Advocate #90 Dec 1993 After a dozen or more disappointing examples of this wine in a regular format (750 ml), I finally bestowed an outstanding rating on this renowned wine. This magnum possessed surprisingly deep color for Lafite, a sweet, caramel, cedary, lead pencil-scented nose, rich, medium-bodied, spicy flavors with noticeable tannin, high acidity, and a long finish. Other examples of the 1961 Lafite have displayed a light color with considerable orange/rush, attenuated, thin flavors, and excessive acidity. There has been speculation that the 1961 Lafite was bottled over an extraordinarily long time, and that the earlier-bottled examples possess more fruit than those bottled later. Who can say? Year Wine Name Rating Maturity 1961 Lafite-Rothschild 84 now ボルドー第4版 明るめのルビー/ガーネット色のワインは、高級感のある、雑草のような、ハーブを思わせる、カベルネが主体となったノーズ、やわらかい、洗い落とされた風味を見せていたが、ボディや余韻の長さはほとんどなかったし、もう枯れ始めている。カリフォルニアのモンタレー・カウンティの30年もののカベルネを飲んだら、同じような特徴が見られるかもしれないと思う。1966年のラフィットは、ばらつきはあるにしても優良だったヴィンテージのワインとしては一貫して大変がっかりさせられるワインだった。最終試飲年月:1995年12月 ※写真:ラベル・リコルク・液面 1961 シャトーラフィットロートシルト 750mlA リコルクありCh.Lafite Rothschild 限定セール,豊富な

1955 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour お得,人気セール

Year Wine Name Rating Maturity 1955 Latour 94 now-2020 ボルドー第4版 数多くの卓越した驚きのワインを供給したこのヴィンテージ(特にメドックとグラーヴ)からの壮観なラトゥール、深みのあるガーネット色の1956年は、縁にいくらか琥珀色も見られる。いまだにタニックなままであるが、燻製肉、乾燥ハーブ、西洋杉、黒系果実、森の下生え、なめし革の並はずれた芳香は魅惑的だ。1971年や1967年といったヴィンテージをしのばせる。フルボディのワインで、甘い、強烈な中間部があり、力強さもたっぷりで、11年の寿命が残っている。過小評価されているが、絶句するほどすばらしいワインだ。さらによくなるかもしれない。予想される飲み頃:現在~2020年。最終試飲年月:2000年7月 1955 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour お得,人気セール

1965 シャトームートンロートシルト 750ml Ch.Mouton Rothschild 低価,セール

Year Wine Name Rating Maturity 1962 Mouton-Rothschild 92 now-2008 講談社 『BORDEAUX ボルドー 第3版』 この本の以前の版で、私は、瓶ごとの違いがありすぎると文句を言ったが、ここ数年間にわたる3回の、完璧に貯蔵された瓶からのテイスティングでは、申し分ないワインであると分かった。1962年はこの上なく香りが華やかで、暗いガーネット色のエッジが薄くなってきている。ジャムのような黒い果実と西洋杉、煙の甘いノーズに、ビロードの舌触り、ミディアムボディからフルボディで、硬い角のないワインだ。圧倒的に豊かで、ふくよかなムートン。さらに年とともに個性と複雑さを加えている。 飲み頃予想:現在から2008年 1965 シャトームートンロートシルト 750ml Ch.Mouton Rothschild 低価,セール

2006 シャトーラフィットロートシルト フルボトル 1本Ch.Lafite Rothschild 2006 750ml 1bt 高品質,HOT

Year Wine Name Rating Maturity 2006 Lafite-Rothschild 97 2014-2035 Wine Advocate #181 Feb 2009 One of the fabulous surprises, although I had suggested last year that it could jump in quality, of my tastings, the 2006 Lafite Rothschild is a great, great wine made from a blend of 82% Cabernet Sauvignon, 16% Merlot, and 2% Petit Verdot. When I tasted it from barrel, it reminded me of their successful 1988, but it is dramatically superior to that vintage. Frankly, it may turn out to be as good as the 2005, which in all of Bordeaux is a far greater vintage than 2006. Lafite’s severe selection process (42% made it into the grand vin) resulted in a full-bodied wine boasting an extraordinary perfume of charcoal, truffles, lead pencil shavings, and sensationally sweet, ripe black currant and cedar notes. A wine of extraordinary intensity, texture, and depth with silky tannins as well as awesome concentration, this has turned out to be a remarkable Lafite Rothschild that should be drinkable much earlier than the 2005, but age for three decades. Anticipated maturity: 2014-2035+. 2006 シャトーラフィットロートシルト フルボトル 1本Ch.Lafite Rothschild 2006 750ml 1bt 高品質,HOT

1995 シャトームートンロートシルト 375mlCh.Mouton Rothschild 1995 新作登場,SALE

Year Wine Name Rating Maturity 1995 Mouton-Rothschild 95+ now-2030 ボルドー第4版 この深遠なムートンは、より筋肉質な1996年より近づきやすい。 ブレンド比率はカベルネ・ソーヴィニョン72%、メルロ19 %、カ ベルネ・フラン9%で、光を通さないほど濃い紫色をしており、 ためらいがちなアロマはカシス、トリュフ、コーヒー、甘草、ス パイスを思わせる。口に含むと 卓越した濃厚さ、フルボディの 性格、リッチな中間部、40秒強も持ちこたえる層状の、深遠なフ ィニッシュを伴う「偉大な代物」だ。純粋さは傑出しており、タ ンニンも強 いが、私の直感によると、より筋骨隆々でより大柄な 1996年よりは酸が弱く、心持ち肉づきがよい。 1995 シャトームートンロートシルト 375mlCh.Mouton Rothschild 1995 新作登場,SALE