www.houstonbusinessshow.com

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

Margaux

1960 シャトーマルゴー 750mlCh.Margaux 高品質,最新作

ヴィンテージ  ★(マルゴー) 1960 シャトーマルゴー 750mlCh.Margaux 高品質,最新作

Margaux

1961 シャトーペトリュスChateau Petrus 1961 超激得,低価

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Petrus 100 now-2009 ボルドー第4版 十分な飲み頃になった1961年のペトリュスは、ポート・ワインのような芳醇さ(1947年のペトリュスや1947年のシュヴァル・ブランをしのばせる)を持つ。かなりの琥珀色やガーネット色が見られるが、ねっとりとした、厚みのある、熟しきったブラックチェ リー、いくぶんモカの感じがある果実の風味がぎっしり詰め込ま れている。極めてフルボディで、莫大な量のグリセリンやアルコ ールがある。とろりとした舌触りをしており、厚みがあり、恐ろ しく口いっぱいに広がる。層をなすコーヒーやチェリーでリーズ のピーナツ・バター・カップを飾って、ヴァルローナ・チョコレ ートでくるんだものをご想像あれ! 不死身のワインだ。予想さ れる飲み頃:現在~2010年。最終試飲年月:1998年6月 1961 シャトーペトリュスChateau Petrus 1961 超激得,低価

Margaux

1961 シャトーマルゴー 750mlCh.Margaux 安い,正規品

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Chateau Margaux 93 1991-2001 ボルドー第3版 1978年にメンツェロプロスの時代が始まり、注目すべき一連の偉大なマルゴーを生み出す前の、最後の偉大なマルゴーがこの最高級ワインにほかならない。強いブーケは熟したプラム、花、焼いた胡桃、オークの香りに満ちて神々しい。広がりのあるこのワインは、口に含むと、絹のような、たっぷりとした味わいで、フルボディだ。熟成しきっているが、少なくともあと10年はもつだろう。1982、1983、1986、1990、1995、1996年ものが、結局はこのマルゴーのヴィンテージを越えるものと私は思っている。 1961 シャトーマルゴー 750mlCh.Margaux 安い,正規品

Margaux

1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour 100%新品,お買い得

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 1997-2040 ボルドー第3版 私は幸せなことに、このワインを11回も、それぞれ違った機会に試すことができたが、多くはこの数年に集中している。レギュラー・ボトルからもマグナムからも飲んだことがある。常に100点満点。テイスティングの場所が大陸のこちら側だろうと合衆国であろうと関係ない。このワインはフルボディの記念碑的ポイヤックで、カベルネのシロップと見まがう味がある。ポート・ワインにも似たなめらかな、噛みごたえのある舌触りがたまらない。色は非常に濃い紫からガーネットのまま。黒い果実とトリュフ、なめし革、西洋杉、ミネラルを含んだ天国のような上質なノーズだ。何度か、そのジャムのような甘さ、アロマに騙されて、ペトリュスと勘違いしてしまったことがある(全然ワインの性質が違うのに、困ったものだ)。 1961年のラトゥールはいまだにゴージャスに甘く豊かで、エッジの琥珀色はまったく生じないし、古びた兆候も見せない。堂々たる桁外れなボルドーで、私が試した最上のワインのひとつであることは確かだ。 飲み頃予想:現在から2040年 最終試飲月:97年6月 Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 now-2030 ボルドー第4版 ポートのようでとろりとした舌触りがあり、暗いガーネット色の縁には相当な琥珀色も見られる。1961年ラトゥールの、このねっとり感や厚みに迫るのは1982年や1959年のようなヴィンテージのみだ。2000年にシャトーで開かれた試飲会で供された3本のうち、1本は驚くほど攻撃的な、ミントのような、草っぽいノーズが見られたが、残りの2本は完ぺきな液体で、かぐわしい、西洋杉のような、トリュフ、なめし革、ミネラル、そして甘い、ジャムにしたような香りが見られ、フルボディの、官能的な舌触りや、絶妙な純粋さや凝縮感があったし、層状の、とてもニュアンスのあるフィニッシュは心を動かされずにはおれないほど偉大なワインのエッセンスだった。1961年は十分な飲み頃になって15年以上にもなるが、1982年とよく似て、どうやらよりリッチなものになっていくようで、みずみずしさやふくよかさを持ったまま、アロマのニュアンスはさらに成長してきており、甘さや凝縮感は失っていない。並はずれたワインで、まぎれもなく20世紀における伝説的なボルドーの1つである! 予想される飲み頃:現在~2025年。最終試飲年月:2000年6月 1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour 100%新品,お買い得

Margaux

1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour HOT,低価

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 1997-2040 ボルドー第3版 私は幸せなことに、このワインを11回も、それぞれ違った機会に試すことができたが、多くはこの数年に集中している。レギュラー・ボトルからもマグナムからも飲んだことがある。常に100点満点。テイスティングの場所が大陸のこちら側だろうと合衆国であろうと関係ない。このワインはフルボディの記念碑的ポイヤックで、カベルネのシロップと見まがう味がある。ポート・ワインにも似たなめらかな、噛みごたえのある舌触りがたまらない。色は非常に濃い紫からガーネットのまま。黒い果実とトリュフ、なめし革、西洋杉、ミネラルを含んだ天国のような上質なノーズだ。何度か、そのジャムのような甘さ、アロマに騙されて、ペトリュスと勘違いしてしまったことがある(全然ワインの性質が違うのに、困ったものだ)。 1961年のラトゥールはいまだにゴージャスに甘く豊かで、エッジの琥珀色はまったく生じないし、古びた兆候も見せない。堂々たる桁外れなボルドーで、私が試した最上のワインのひとつであることは確かだ。 飲み頃予想:現在から2040年 最終試飲月:97年6月 Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 now-2030 ボルドー第4版 ポートのようでとろりとした舌触りがあり、暗いガーネット色の縁には相当な琥珀色も見られる。1961年ラトゥールの、このねっとり感や厚みに迫るのは1982年や1959年のようなヴィンテージのみだ。2000年にシャトーで開かれた試飲会で供された3本のうち、1本は驚くほど攻撃的な、ミントのような、草っぽいノーズが見られたが、残りの2本は完ぺきな液体で、かぐわしい、西洋杉のような、トリュフ、なめし革、ミネラル、そして甘い、ジャムにしたような香りが見られ、フルボディの、官能的な舌触りや、絶妙な純粋さや凝縮感があったし、層状の、とてもニュアンスのあるフィニッシュは心を動かされずにはおれないほど偉大なワインのエッセンスだった。1961年は十分な飲み頃になって15年以上にもなるが、1982年とよく似て、どうやらよりリッチなものになっていくようで、みずみずしさやふくよかさを持ったまま、アロマのニュアンスはさらに成長してきており、甘さや凝縮感は失っていない。並はずれたワインで、まぎれもなく20世紀における伝説的なボルドーの1つである! 予想される飲み頃:現在~2025年。最終試飲年月:2000年6月 1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour HOT,低価

Margaux

1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour お得

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 1997-2040 ボルドー第3版 私は幸せなことに、このワインを11回も、それぞれ違った機会に試すことができたが、多くはこの数年に集中している。レギュラー・ボトルからもマグナムからも飲んだことがある。常に100点満点。テイスティングの場所が大陸のこちら側だろうと合衆国であろうと関係ない。このワインはフルボディの記念碑的ポイヤックで、カベルネのシロップと見まがう味がある。ポート・ワインにも似たなめらかな、噛みごたえのある舌触りがたまらない。色は非常に濃い紫からガーネットのまま。黒い果実とトリュフ、なめし革、西洋杉、ミネラルを含んだ天国のような上質なノーズだ。何度か、そのジャムのような甘さ、アロマに騙されて、ペトリュスと勘違いしてしまったことがある(全然ワインの性質が違うのに、困ったものだ)。 1961年のラトゥールはいまだにゴージャスに甘く豊かで、エッジの琥珀色はまったく生じないし、古びた兆候も見せない。堂々たる桁外れなボルドーで、私が試した最上のワインのひとつであることは確かだ。 飲み頃予想:現在から2040年 最終試飲月:97年6月 Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 now-2030 ボルドー第4版 ポートのようでとろりとした舌触りがあり、暗いガーネット色の縁には相当な琥珀色も見られる。1961年ラトゥールの、このねっとり感や厚みに迫るのは1982年や1959年のようなヴィンテージのみだ。2000年にシャトーで開かれた試飲会で供された3本のうち、1本は驚くほど攻撃的な、ミントのような、草っぽいノーズが見られたが、残りの2本は完ぺきな液体で、かぐわしい、西洋杉のような、トリュフ、なめし革、ミネラル、そして甘い、ジャムにしたような香りが見られ、フルボディの、官能的な舌触りや、絶妙な純粋さや凝縮感があったし、層状の、とてもニュアンスのあるフィニッシュは心を動かされずにはおれないほど偉大なワインのエッセンスだった。1961年は十分な飲み頃になって15年以上にもなるが、1982年とよく似て、どうやらよりリッチなものになっていくようで、みずみずしさやふくよかさを持ったまま、アロマのニュアンスはさらに成長してきており、甘さや凝縮感は失っていない。並はずれたワインで、まぎれもなく20世紀における伝説的なボルドーの1つである! 予想される飲み頃:現在~2025年。最終試飲年月:2000年6月 1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour お得

Margaux

1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour 人気セール,爆買い

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 1997-2040 ボルドー第3版 私は幸せなことに、このワインを11回も、それぞれ違った機会に試すことができたが、多くはこの数年に集中している。レギュラー・ボトルからもマグナムからも飲んだことがある。常に100点満点。テイスティングの場所が大陸のこちら側だろうと合衆国であろうと関係ない。このワインはフルボディの記念碑的ポイヤックで、カベルネのシロップと見まがう味がある。ポート・ワインにも似たなめらかな、噛みごたえのある舌触りがたまらない。色は非常に濃い紫からガーネットのまま。黒い果実とトリュフ、なめし革、西洋杉、ミネラルを含んだ天国のような上質なノーズだ。何度か、そのジャムのような甘さ、アロマに騙されて、ペトリュスと勘違いしてしまったことがある(全然ワインの性質が違うのに、困ったものだ)。 1961年のラトゥールはいまだにゴージャスに甘く豊かで、エッジの琥珀色はまったく生じないし、古びた兆候も見せない。堂々たる桁外れなボルドーで、私が試した最上のワインのひとつであることは確かだ。 飲み頃予想:現在から2040年 最終試飲月:97年6月 Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 now-2030 ボルドー第4版 ポートのようでとろりとした舌触りがあり、暗いガーネット色の縁には相当な琥珀色も見られる。1961年ラトゥールの、このねっとり感や厚みに迫るのは1982年や1959年のようなヴィンテージのみだ。2000年にシャトーで開かれた試飲会で供された3本のうち、1本は驚くほど攻撃的な、ミントのような、草っぽいノーズが見られたが、残りの2本は完ぺきな液体で、かぐわしい、西洋杉のような、トリュフ、なめし革、ミネラル、そして甘い、ジャムにしたような香りが見られ、フルボディの、官能的な舌触りや、絶妙な純粋さや凝縮感があったし、層状の、とてもニュアンスのあるフィニッシュは心を動かされずにはおれないほど偉大なワインのエッセンスだった。1961年は十分な飲み頃になって15年以上にもなるが、1982年とよく似て、どうやらよりリッチなものになっていくようで、みずみずしさやふくよかさを持ったまま、アロマのニュアンスはさらに成長してきており、甘さや凝縮感は失っていない。並はずれたワインで、まぎれもなく20世紀における伝説的なボルドーの1つである! 予想される飲み頃:現在~2025年。最終試飲年月:2000年6月 1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour 人気セール,爆買い

Margaux

1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour 低価,定番人気

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 1997-2040 ボルドー第3版 私は幸せなことに、このワインを11回も、それぞれ違った機会に試すことができたが、多くはこの数年に集中している。レギュラー・ボトルからもマグナムからも飲んだことがある。常に100点満点。テイスティングの場所が大陸のこちら側だろうと合衆国であろうと関係ない。このワインはフルボディの記念碑的ポイヤックで、カベルネのシロップと見まがう味がある。ポート・ワインにも似たなめらかな、噛みごたえのある舌触りがたまらない。色は非常に濃い紫からガーネットのまま。黒い果実とトリュフ、なめし革、西洋杉、ミネラルを含んだ天国のような上質なノーズだ。何度か、そのジャムのような甘さ、アロマに騙されて、ペトリュスと勘違いしてしまったことがある(全然ワインの性質が違うのに、困ったものだ)。 1961年のラトゥールはいまだにゴージャスに甘く豊かで、エッジの琥珀色はまったく生じないし、古びた兆候も見せない。堂々たる桁外れなボルドーで、私が試した最上のワインのひとつであることは確かだ。 飲み頃予想:現在から2040年 最終試飲月:97年6月 Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 now-2030 ボルドー第4版 ポートのようでとろりとした舌触りがあり、暗いガーネット色の縁には相当な琥珀色も見られる。1961年ラトゥールの、このねっとり感や厚みに迫るのは1982年や1959年のようなヴィンテージのみだ。2000年にシャトーで開かれた試飲会で供された3本のうち、1本は驚くほど攻撃的な、ミントのような、草っぽいノーズが見られたが、残りの2本は完ぺきな液体で、かぐわしい、西洋杉のような、トリュフ、なめし革、ミネラル、そして甘い、ジャムにしたような香りが見られ、フルボディの、官能的な舌触りや、絶妙な純粋さや凝縮感があったし、層状の、とてもニュアンスのあるフィニッシュは心を動かされずにはおれないほど偉大なワインのエッセンスだった。1961年は十分な飲み頃になって15年以上にもなるが、1982年とよく似て、どうやらよりリッチなものになっていくようで、みずみずしさやふくよかさを持ったまま、アロマのニュアンスはさらに成長してきており、甘さや凝縮感は失っていない。並はずれたワインで、まぎれもなく20世紀における伝説的なボルドーの1つである! 予想される飲み頃:現在~2025年。最終試飲年月:2000年6月 1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour 低価,定番人気

Margaux

1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour 新作登場,100%新品

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 1997-2040 ボルドー第3版 私は幸せなことに、このワインを11回も、それぞれ違った機会に試すことができたが、多くはこの数年に集中している。レギュラー・ボトルからもマグナムからも飲んだことがある。常に100点満点。テイスティングの場所が大陸のこちら側だろうと合衆国であろうと関係ない。このワインはフルボディの記念碑的ポイヤックで、カベルネのシロップと見まがう味がある。ポート・ワインにも似たなめらかな、噛みごたえのある舌触りがたまらない。色は非常に濃い紫からガーネットのまま。黒い果実とトリュフ、なめし革、西洋杉、ミネラルを含んだ天国のような上質なノーズだ。何度か、そのジャムのような甘さ、アロマに騙されて、ペトリュスと勘違いしてしまったことがある(全然ワインの性質が違うのに、困ったものだ)。 1961年のラトゥールはいまだにゴージャスに甘く豊かで、エッジの琥珀色はまったく生じないし、古びた兆候も見せない。堂々たる桁外れなボルドーで、私が試した最上のワインのひとつであることは確かだ。 飲み頃予想:現在から2040年 最終試飲月:97年6月 Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 now-2030 ボルドー第4版 ポートのようでとろりとした舌触りがあり、暗いガーネット色の縁には相当な琥珀色も見られる。1961年ラトゥールの、このねっとり感や厚みに迫るのは1982年や1959年のようなヴィンテージのみだ。2000年にシャトーで開かれた試飲会で供された3本のうち、1本は驚くほど攻撃的な、ミントのような、草っぽいノーズが見られたが、残りの2本は完ぺきな液体で、かぐわしい、西洋杉のような、トリュフ、なめし革、ミネラル、そして甘い、ジャムにしたような香りが見られ、フルボディの、官能的な舌触りや、絶妙な純粋さや凝縮感があったし、層状の、とてもニュアンスのあるフィニッシュは心を動かされずにはおれないほど偉大なワインのエッセンスだった。1961年は十分な飲み頃になって15年以上にもなるが、1982年とよく似て、どうやらよりリッチなものになっていくようで、みずみずしさやふくよかさを持ったまま、アロマのニュアンスはさらに成長してきており、甘さや凝縮感は失っていない。並はずれたワインで、まぎれもなく20世紀における伝説的なボルドーの1つである! 予想される飲み頃:現在~2025年。最終試飲年月:2000年6月 1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour 新作登場,100%新品

Margaux

1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour 新作登場,SALE

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 1997-2040 ボルドー第3版 私は幸せなことに、このワインを11回も、それぞれ違った機会に試すことができたが、多くはこの数年に集中している。レギュラー・ボトルからもマグナムからも飲んだことがある。常に100点満点。テイスティングの場所が大陸のこちら側だろうと合衆国であろうと関係ない。このワインはフルボディの記念碑的ポイヤックで、カベルネのシロップと見まがう味がある。ポート・ワインにも似たなめらかな、噛みごたえのある舌触りがたまらない。色は非常に濃い紫からガーネットのまま。黒い果実とトリュフ、なめし革、西洋杉、ミネラルを含んだ天国のような上質なノーズだ。何度か、そのジャムのような甘さ、アロマに騙されて、ペトリュスと勘違いしてしまったことがある(全然ワインの性質が違うのに、困ったものだ)。 1961年のラトゥールはいまだにゴージャスに甘く豊かで、エッジの琥珀色はまったく生じないし、古びた兆候も見せない。堂々たる桁外れなボルドーで、私が試した最上のワインのひとつであることは確かだ。 飲み頃予想:現在から2040年 最終試飲月:97年6月 Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 now-2030 ボルドー第4版 ポートのようでとろりとした舌触りがあり、暗いガーネット色の縁には相当な琥珀色も見られる。1961年ラトゥールの、このねっとり感や厚みに迫るのは1982年や1959年のようなヴィンテージのみだ。2000年にシャトーで開かれた試飲会で供された3本のうち、1本は驚くほど攻撃的な、ミントのような、草っぽいノーズが見られたが、残りの2本は完ぺきな液体で、かぐわしい、西洋杉のような、トリュフ、なめし革、ミネラル、そして甘い、ジャムにしたような香りが見られ、フルボディの、官能的な舌触りや、絶妙な純粋さや凝縮感があったし、層状の、とてもニュアンスのあるフィニッシュは心を動かされずにはおれないほど偉大なワインのエッセンスだった。1961年は十分な飲み頃になって15年以上にもなるが、1982年とよく似て、どうやらよりリッチなものになっていくようで、みずみずしさやふくよかさを持ったまま、アロマのニュアンスはさらに成長してきており、甘さや凝縮感は失っていない。並はずれたワインで、まぎれもなく20世紀における伝説的なボルドーの1つである! 予想される飲み頃:現在~2025年。最終試飲年月:2000年6月 1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour 新作登場,SALE

Margaux

1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour 正規品,新作

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 1997-2040 ボルドー第3版 私は幸せなことに、このワインを11回も、それぞれ違った機会に試すことができたが、多くはこの数年に集中している。レギュラー・ボトルからもマグナムからも飲んだことがある。常に100点満点。テイスティングの場所が大陸のこちら側だろうと合衆国であろうと関係ない。このワインはフルボディの記念碑的ポイヤックで、カベルネのシロップと見まがう味がある。ポート・ワインにも似たなめらかな、噛みごたえのある舌触りがたまらない。色は非常に濃い紫からガーネットのまま。黒い果実とトリュフ、なめし革、西洋杉、ミネラルを含んだ天国のような上質なノーズだ。何度か、そのジャムのような甘さ、アロマに騙されて、ペトリュスと勘違いしてしまったことがある(全然ワインの性質が違うのに、困ったものだ)。 1961年のラトゥールはいまだにゴージャスに甘く豊かで、エッジの琥珀色はまったく生じないし、古びた兆候も見せない。堂々たる桁外れなボルドーで、私が試した最上のワインのひとつであることは確かだ。 飲み頃予想:現在から2040年 最終試飲月:97年6月 Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 now-2030 ボルドー第4版 ポートのようでとろりとした舌触りがあり、暗いガーネット色の縁には相当な琥珀色も見られる。1961年ラトゥールの、このねっとり感や厚みに迫るのは1982年や1959年のようなヴィンテージのみだ。2000年にシャトーで開かれた試飲会で供された3本のうち、1本は驚くほど攻撃的な、ミントのような、草っぽいノーズが見られたが、残りの2本は完ぺきな液体で、かぐわしい、西洋杉のような、トリュフ、なめし革、ミネラル、そして甘い、ジャムにしたような香りが見られ、フルボディの、官能的な舌触りや、絶妙な純粋さや凝縮感があったし、層状の、とてもニュアンスのあるフィニッシュは心を動かされずにはおれないほど偉大なワインのエッセンスだった。1961年は十分な飲み頃になって15年以上にもなるが、1982年とよく似て、どうやらよりリッチなものになっていくようで、みずみずしさやふくよかさを持ったまま、アロマのニュアンスはさらに成長してきており、甘さや凝縮感は失っていない。並はずれたワインで、まぎれもなく20世紀における伝説的なボルドーの1つである! 予想される飲み頃:現在~2025年。最終試飲年月:2000年6月 1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour 正規品,新作

Margaux

1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour 豊富な

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 1997-2040 ボルドー第3版 私は幸せなことに、このワインを11回も、それぞれ違った機会に試すことができたが、多くはこの数年に集中している。レギュラー・ボトルからもマグナムからも飲んだことがある。常に100点満点。テイスティングの場所が大陸のこちら側だろうと合衆国であろうと関係ない。このワインはフルボディの記念碑的ポイヤックで、カベルネのシロップと見まがう味がある。ポート・ワインにも似たなめらかな、噛みごたえのある舌触りがたまらない。色は非常に濃い紫からガーネットのまま。黒い果実とトリュフ、なめし革、西洋杉、ミネラルを含んだ天国のような上質なノーズだ。何度か、そのジャムのような甘さ、アロマに騙されて、ペトリュスと勘違いしてしまったことがある(全然ワインの性質が違うのに、困ったものだ)。 1961年のラトゥールはいまだにゴージャスに甘く豊かで、エッジの琥珀色はまったく生じないし、古びた兆候も見せない。堂々たる桁外れなボルドーで、私が試した最上のワインのひとつであることは確かだ。 飲み頃予想:現在から2040年 最終試飲月:97年6月 Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 now-2030 ボルドー第4版 ポートのようでとろりとした舌触りがあり、暗いガーネット色の縁には相当な琥珀色も見られる。1961年ラトゥールの、このねっとり感や厚みに迫るのは1982年や1959年のようなヴィンテージのみだ。2000年にシャトーで開かれた試飲会で供された3本のうち、1本は驚くほど攻撃的な、ミントのような、草っぽいノーズが見られたが、残りの2本は完ぺきな液体で、かぐわしい、西洋杉のような、トリュフ、なめし革、ミネラル、そして甘い、ジャムにしたような香りが見られ、フルボディの、官能的な舌触りや、絶妙な純粋さや凝縮感があったし、層状の、とてもニュアンスのあるフィニッシュは心を動かされずにはおれないほど偉大なワインのエッセンスだった。1961年は十分な飲み頃になって15年以上にもなるが、1982年とよく似て、どうやらよりリッチなものになっていくようで、みずみずしさやふくよかさを持ったまま、アロマのニュアンスはさらに成長してきており、甘さや凝縮感は失っていない。並はずれたワインで、まぎれもなく20世紀における伝説的なボルドーの1つである! 予想される飲み頃:現在~2025年。最終試飲年月:2000年6月 1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour 豊富な

Margaux

1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour 赤字超特価

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 1997-2040 ボルドー第3版 私は幸せなことに、このワインを11回も、それぞれ違った機会に試すことができたが、多くはこの数年に集中している。レギュラー・ボトルからもマグナムからも飲んだことがある。常に100点満点。テイスティングの場所が大陸のこちら側だろうと合衆国であろうと関係ない。このワインはフルボディの記念碑的ポイヤックで、カベルネのシロップと見まがう味がある。ポート・ワインにも似たなめらかな、噛みごたえのある舌触りがたまらない。色は非常に濃い紫からガーネットのまま。黒い果実とトリュフ、なめし革、西洋杉、ミネラルを含んだ天国のような上質なノーズだ。何度か、そのジャムのような甘さ、アロマに騙されて、ペトリュスと勘違いしてしまったことがある(全然ワインの性質が違うのに、困ったものだ)。 1961年のラトゥールはいまだにゴージャスに甘く豊かで、エッジの琥珀色はまったく生じないし、古びた兆候も見せない。堂々たる桁外れなボルドーで、私が試した最上のワインのひとつであることは確かだ。 飲み頃予想:現在から2040年 最終試飲月:97年6月 Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 now-2030 ボルドー第4版 ポートのようでとろりとした舌触りがあり、暗いガーネット色の縁には相当な琥珀色も見られる。1961年ラトゥールの、このねっとり感や厚みに迫るのは1982年や1959年のようなヴィンテージのみだ。2000年にシャトーで開かれた試飲会で供された3本のうち、1本は驚くほど攻撃的な、ミントのような、草っぽいノーズが見られたが、残りの2本は完ぺきな液体で、かぐわしい、西洋杉のような、トリュフ、なめし革、ミネラル、そして甘い、ジャムにしたような香りが見られ、フルボディの、官能的な舌触りや、絶妙な純粋さや凝縮感があったし、層状の、とてもニュアンスのあるフィニッシュは心を動かされずにはおれないほど偉大なワインのエッセンスだった。1961年は十分な飲み頃になって15年以上にもなるが、1982年とよく似て、どうやらよりリッチなものになっていくようで、みずみずしさやふくよかさを持ったまま、アロマのニュアンスはさらに成長してきており、甘さや凝縮感は失っていない。並はずれたワインで、まぎれもなく20世紀における伝説的なボルドーの1つである! 予想される飲み頃:現在~2025年。最終試飲年月:2000年6月 1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour 赤字超特価

Margaux

1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour 驚きの破格値,大人気

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 1997-2040 ボルドー第3版 私は幸せなことに、このワインを11回も、それぞれ違った機会に試すことができたが、多くはこの数年に集中している。レギュラー・ボトルからもマグナムからも飲んだことがある。常に100点満点。テイスティングの場所が大陸のこちら側だろうと合衆国であろうと関係ない。このワインはフルボディの記念碑的ポイヤックで、カベルネのシロップと見まがう味がある。ポート・ワインにも似たなめらかな、噛みごたえのある舌触りがたまらない。色は非常に濃い紫からガーネットのまま。黒い果実とトリュフ、なめし革、西洋杉、ミネラルを含んだ天国のような上質なノーズだ。何度か、そのジャムのような甘さ、アロマに騙されて、ペトリュスと勘違いしてしまったことがある(全然ワインの性質が違うのに、困ったものだ)。 1961年のラトゥールはいまだにゴージャスに甘く豊かで、エッジの琥珀色はまったく生じないし、古びた兆候も見せない。堂々たる桁外れなボルドーで、私が試した最上のワインのひとつであることは確かだ。 飲み頃予想:現在から2040年 最終試飲月:97年6月 Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 now-2030 ボルドー第4版 ポートのようでとろりとした舌触りがあり、暗いガーネット色の縁には相当な琥珀色も見られる。1961年ラトゥールの、このねっとり感や厚みに迫るのは1982年や1959年のようなヴィンテージのみだ。2000年にシャトーで開かれた試飲会で供された3本のうち、1本は驚くほど攻撃的な、ミントのような、草っぽいノーズが見られたが、残りの2本は完ぺきな液体で、かぐわしい、西洋杉のような、トリュフ、なめし革、ミネラル、そして甘い、ジャムにしたような香りが見られ、フルボディの、官能的な舌触りや、絶妙な純粋さや凝縮感があったし、層状の、とてもニュアンスのあるフィニッシュは心を動かされずにはおれないほど偉大なワインのエッセンスだった。1961年は十分な飲み頃になって15年以上にもなるが、1982年とよく似て、どうやらよりリッチなものになっていくようで、みずみずしさやふくよかさを持ったまま、アロマのニュアンスはさらに成長してきており、甘さや凝縮感は失っていない。並はずれたワインで、まぎれもなく20世紀における伝説的なボルドーの1つである! 予想される飲み頃:現在~2025年。最終試飲年月:2000年6月 1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour 驚きの破格値,大人気

Margaux

1961 シャトーラフィットロートシルト 750mlA リコルクありCh.Lafite Rothschild 100%新品,格安

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Lafite-Rothschild 91 now Wine Advocate #90 Dec 1993 After a dozen or more disappointing examples of this wine in a regular format (750 ml), I finally bestowed an outstanding rating on this renowned wine. This magnum possessed surprisingly deep color for Lafite, a sweet, caramel, cedary, lead pencil-scented nose, rich, medium-bodied, spicy flavors with noticeable tannin, high acidity, and a long finish. Other examples of the 1961 Lafite have displayed a light color with considerable orange/rush, attenuated, thin flavors, and excessive acidity. There has been speculation that the 1961 Lafite was bottled over an extraordinarily long time, and that the earlier-bottled examples possess more fruit than those bottled later. Who can say? Year Wine Name Rating Maturity 1961 Lafite-Rothschild 84 now ボルドー第4版 明るめのルビー/ガーネット色のワインは、高級感のある、雑草のような、ハーブを思わせる、カベルネが主体となったノーズ、やわらかい、洗い落とされた風味を見せていたが、ボディや余韻の長さはほとんどなかったし、もう枯れ始めている。カリフォルニアのモンタレー・カウンティの30年もののカベルネを飲んだら、同じような特徴が見られるかもしれないと思う。1966年のラフィットは、ばらつきはあるにしても優良だったヴィンテージのワインとしては一貫して大変がっかりさせられるワインだった。最終試飲年月:1995年12月 ※写真:ラベル・リコルク・液面 1961 シャトーラフィットロートシルト 750mlA リコルクありCh.Lafite Rothschild 100%新品,格安

Margaux

1961 シャトーラフィットロートシルト 750mlA リコルクありCh.Lafite Rothschild 2015,セール

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Lafite-Rothschild 91 now Wine Advocate #90 Dec 1993 After a dozen or more disappointing examples of this wine in a regular format (750 ml), I finally bestowed an outstanding rating on this renowned wine. This magnum possessed surprisingly deep color for Lafite, a sweet, caramel, cedary, lead pencil-scented nose, rich, medium-bodied, spicy flavors with noticeable tannin, high acidity, and a long finish. Other examples of the 1961 Lafite have displayed a light color with considerable orange/rush, attenuated, thin flavors, and excessive acidity. There has been speculation that the 1961 Lafite was bottled over an extraordinarily long time, and that the earlier-bottled examples possess more fruit than those bottled later. Who can say? Year Wine Name Rating Maturity 1961 Lafite-Rothschild 84 now ボルドー第4版 明るめのルビー/ガーネット色のワインは、高級感のある、雑草のような、ハーブを思わせる、カベルネが主体となったノーズ、やわらかい、洗い落とされた風味を見せていたが、ボディや余韻の長さはほとんどなかったし、もう枯れ始めている。カリフォルニアのモンタレー・カウンティの30年もののカベルネを飲んだら、同じような特徴が見られるかもしれないと思う。1966年のラフィットは、ばらつきはあるにしても優良だったヴィンテージのワインとしては一貫して大変がっかりさせられるワインだった。最終試飲年月:1995年12月 ※写真:ラベル・リコルク・液面 1961 シャトーラフィットロートシルト 750mlA リコルクありCh.Lafite Rothschild 2015,セール

Margaux

1961 シャトーラフィットロートシルト 750mlA リコルクありCh.Lafite Rothschild 2015,豊富な

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Lafite-Rothschild 91 now Wine Advocate #90 Dec 1993 After a dozen or more disappointing examples of this wine in a regular format (750 ml), I finally bestowed an outstanding rating on this renowned wine. This magnum possessed surprisingly deep color for Lafite, a sweet, caramel, cedary, lead pencil-scented nose, rich, medium-bodied, spicy flavors with noticeable tannin, high acidity, and a long finish. Other examples of the 1961 Lafite have displayed a light color with considerable orange/rush, attenuated, thin flavors, and excessive acidity. There has been speculation that the 1961 Lafite was bottled over an extraordinarily long time, and that the earlier-bottled examples possess more fruit than those bottled later. Who can say? Year Wine Name Rating Maturity 1961 Lafite-Rothschild 84 now ボルドー第4版 明るめのルビー/ガーネット色のワインは、高級感のある、雑草のような、ハーブを思わせる、カベルネが主体となったノーズ、やわらかい、洗い落とされた風味を見せていたが、ボディや余韻の長さはほとんどなかったし、もう枯れ始めている。カリフォルニアのモンタレー・カウンティの30年もののカベルネを飲んだら、同じような特徴が見られるかもしれないと思う。1966年のラフィットは、ばらつきはあるにしても優良だったヴィンテージのワインとしては一貫して大変がっかりさせられるワインだった。最終試飲年月:1995年12月 ※写真:ラベル・リコルク・液面 1961 シャトーラフィットロートシルト 750mlA リコルクありCh.Lafite Rothschild 2015,豊富な

Margaux

1961 シャトーラフィットロートシルト 750mlA リコルクありCh.Lafite Rothschild 大人気,SALE

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Lafite-Rothschild 91 now Wine Advocate #90 Dec 1993 After a dozen or more disappointing examples of this wine in a regular format (750 ml), I finally bestowed an outstanding rating on this renowned wine. This magnum possessed surprisingly deep color for Lafite, a sweet, caramel, cedary, lead pencil-scented nose, rich, medium-bodied, spicy flavors with noticeable tannin, high acidity, and a long finish. Other examples of the 1961 Lafite have displayed a light color with considerable orange/rush, attenuated, thin flavors, and excessive acidity. There has been speculation that the 1961 Lafite was bottled over an extraordinarily long time, and that the earlier-bottled examples possess more fruit than those bottled later. Who can say? Year Wine Name Rating Maturity 1961 Lafite-Rothschild 84 now ボルドー第4版 明るめのルビー/ガーネット色のワインは、高級感のある、雑草のような、ハーブを思わせる、カベルネが主体となったノーズ、やわらかい、洗い落とされた風味を見せていたが、ボディや余韻の長さはほとんどなかったし、もう枯れ始めている。カリフォルニアのモンタレー・カウンティの30年もののカベルネを飲んだら、同じような特徴が見られるかもしれないと思う。1966年のラフィットは、ばらつきはあるにしても優良だったヴィンテージのワインとしては一貫して大変がっかりさせられるワインだった。最終試飲年月:1995年12月 ※写真:ラベル・リコルク・液面 1961 シャトーラフィットロートシルト 750mlA リコルクありCh.Lafite Rothschild 大人気,SALE

Margaux

1961 シャトーラフィットロートシルト 750mlA リコルクありCh.Lafite Rothschild 定番人気,得価

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Lafite-Rothschild 91 now Wine Advocate #90 Dec 1993 After a dozen or more disappointing examples of this wine in a regular format (750 ml), I finally bestowed an outstanding rating on this renowned wine. This magnum possessed surprisingly deep color for Lafite, a sweet, caramel, cedary, lead pencil-scented nose, rich, medium-bodied, spicy flavors with noticeable tannin, high acidity, and a long finish. Other examples of the 1961 Lafite have displayed a light color with considerable orange/rush, attenuated, thin flavors, and excessive acidity. There has been speculation that the 1961 Lafite was bottled over an extraordinarily long time, and that the earlier-bottled examples possess more fruit than those bottled later. Who can say? Year Wine Name Rating Maturity 1961 Lafite-Rothschild 84 now ボルドー第4版 明るめのルビー/ガーネット色のワインは、高級感のある、雑草のような、ハーブを思わせる、カベルネが主体となったノーズ、やわらかい、洗い落とされた風味を見せていたが、ボディや余韻の長さはほとんどなかったし、もう枯れ始めている。カリフォルニアのモンタレー・カウンティの30年もののカベルネを飲んだら、同じような特徴が見られるかもしれないと思う。1966年のラフィットは、ばらつきはあるにしても優良だったヴィンテージのワインとしては一貫して大変がっかりさせられるワインだった。最終試飲年月:1995年12月 ※写真:ラベル・リコルク・液面 1961 シャトーラフィットロートシルト 750mlA リコルクありCh.Lafite Rothschild 定番人気,得価

Margaux

1961 シャトーラフィットロートシルト 750mlA リコルクありCh.Lafite Rothschild 定番,大得価

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Lafite-Rothschild 91 now Wine Advocate #90 Dec 1993 After a dozen or more disappointing examples of this wine in a regular format (750 ml), I finally bestowed an outstanding rating on this renowned wine. This magnum possessed surprisingly deep color for Lafite, a sweet, caramel, cedary, lead pencil-scented nose, rich, medium-bodied, spicy flavors with noticeable tannin, high acidity, and a long finish. Other examples of the 1961 Lafite have displayed a light color with considerable orange/rush, attenuated, thin flavors, and excessive acidity. There has been speculation that the 1961 Lafite was bottled over an extraordinarily long time, and that the earlier-bottled examples possess more fruit than those bottled later. Who can say? Year Wine Name Rating Maturity 1961 Lafite-Rothschild 84 now ボルドー第4版 明るめのルビー/ガーネット色のワインは、高級感のある、雑草のような、ハーブを思わせる、カベルネが主体となったノーズ、やわらかい、洗い落とされた風味を見せていたが、ボディや余韻の長さはほとんどなかったし、もう枯れ始めている。カリフォルニアのモンタレー・カウンティの30年もののカベルネを飲んだら、同じような特徴が見られるかもしれないと思う。1966年のラフィットは、ばらつきはあるにしても優良だったヴィンテージのワインとしては一貫して大変がっかりさせられるワインだった。最終試飲年月:1995年12月 ※写真:ラベル・リコルク・液面 1961 シャトーラフィットロートシルト 750mlA リコルクありCh.Lafite Rothschild 定番,大得価

Margaux

1961 シャトーラフィットロートシルト 750mlA リコルクありCh.Lafite Rothschild 新作入荷,新作登場

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Lafite-Rothschild 91 now Wine Advocate #90 Dec 1993 After a dozen or more disappointing examples of this wine in a regular format (750 ml), I finally bestowed an outstanding rating on this renowned wine. This magnum possessed surprisingly deep color for Lafite, a sweet, caramel, cedary, lead pencil-scented nose, rich, medium-bodied, spicy flavors with noticeable tannin, high acidity, and a long finish. Other examples of the 1961 Lafite have displayed a light color with considerable orange/rush, attenuated, thin flavors, and excessive acidity. There has been speculation that the 1961 Lafite was bottled over an extraordinarily long time, and that the earlier-bottled examples possess more fruit than those bottled later. Who can say? Year Wine Name Rating Maturity 1961 Lafite-Rothschild 84 now ボルドー第4版 明るめのルビー/ガーネット色のワインは、高級感のある、雑草のような、ハーブを思わせる、カベルネが主体となったノーズ、やわらかい、洗い落とされた風味を見せていたが、ボディや余韻の長さはほとんどなかったし、もう枯れ始めている。カリフォルニアのモンタレー・カウンティの30年もののカベルネを飲んだら、同じような特徴が見られるかもしれないと思う。1966年のラフィットは、ばらつきはあるにしても優良だったヴィンテージのワインとしては一貫して大変がっかりさせられるワインだった。最終試飲年月:1995年12月 ※写真:ラベル・リコルク・液面 1961 シャトーラフィットロートシルト 750mlA リコルクありCh.Lafite Rothschild 新作入荷,新作登場

Margaux

1961 シャトーラフィットロートシルト 750mlA リコルクありCh.Lafite Rothschild 新品,定番

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Lafite-Rothschild 91 now Wine Advocate #90 Dec 1993 After a dozen or more disappointing examples of this wine in a regular format (750 ml), I finally bestowed an outstanding rating on this renowned wine. This magnum possessed surprisingly deep color for Lafite, a sweet, caramel, cedary, lead pencil-scented nose, rich, medium-bodied, spicy flavors with noticeable tannin, high acidity, and a long finish. Other examples of the 1961 Lafite have displayed a light color with considerable orange/rush, attenuated, thin flavors, and excessive acidity. There has been speculation that the 1961 Lafite was bottled over an extraordinarily long time, and that the earlier-bottled examples possess more fruit than those bottled later. Who can say? Year Wine Name Rating Maturity 1961 Lafite-Rothschild 84 now ボルドー第4版 明るめのルビー/ガーネット色のワインは、高級感のある、雑草のような、ハーブを思わせる、カベルネが主体となったノーズ、やわらかい、洗い落とされた風味を見せていたが、ボディや余韻の長さはほとんどなかったし、もう枯れ始めている。カリフォルニアのモンタレー・カウンティの30年もののカベルネを飲んだら、同じような特徴が見られるかもしれないと思う。1966年のラフィットは、ばらつきはあるにしても優良だったヴィンテージのワインとしては一貫して大変がっかりさせられるワインだった。最終試飲年月:1995年12月 ※写真:ラベル・リコルク・液面 1961 シャトーラフィットロートシルト 750mlA リコルクありCh.Lafite Rothschild 新品,定番

Margaux

1961 シャトーラフィットロートシルト 750mlA リコルクありCh.Lafite Rothschild 最新作,100%新品

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Lafite-Rothschild 91 now Wine Advocate #90 Dec 1993 After a dozen or more disappointing examples of this wine in a regular format (750 ml), I finally bestowed an outstanding rating on this renowned wine. This magnum possessed surprisingly deep color for Lafite, a sweet, caramel, cedary, lead pencil-scented nose, rich, medium-bodied, spicy flavors with noticeable tannin, high acidity, and a long finish. Other examples of the 1961 Lafite have displayed a light color with considerable orange/rush, attenuated, thin flavors, and excessive acidity. There has been speculation that the 1961 Lafite was bottled over an extraordinarily long time, and that the earlier-bottled examples possess more fruit than those bottled later. Who can say? Year Wine Name Rating Maturity 1961 Lafite-Rothschild 84 now ボルドー第4版 明るめのルビー/ガーネット色のワインは、高級感のある、雑草のような、ハーブを思わせる、カベルネが主体となったノーズ、やわらかい、洗い落とされた風味を見せていたが、ボディや余韻の長さはほとんどなかったし、もう枯れ始めている。カリフォルニアのモンタレー・カウンティの30年もののカベルネを飲んだら、同じような特徴が見られるかもしれないと思う。1966年のラフィットは、ばらつきはあるにしても優良だったヴィンテージのワインとしては一貫して大変がっかりさせられるワインだった。最終試飲年月:1995年12月 ※写真:ラベル・リコルク・液面 1961 シャトーラフィットロートシルト 750mlA リコルクありCh.Lafite Rothschild 最新作,100%新品

Margaux

1961 シャトーラフィットロートシルト 750mlA リコルクありCh.Lafite Rothschild 豊富な,品質保証

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Lafite-Rothschild 91 now Wine Advocate #90 Dec 1993 After a dozen or more disappointing examples of this wine in a regular format (750 ml), I finally bestowed an outstanding rating on this renowned wine. This magnum possessed surprisingly deep color for Lafite, a sweet, caramel, cedary, lead pencil-scented nose, rich, medium-bodied, spicy flavors with noticeable tannin, high acidity, and a long finish. Other examples of the 1961 Lafite have displayed a light color with considerable orange/rush, attenuated, thin flavors, and excessive acidity. There has been speculation that the 1961 Lafite was bottled over an extraordinarily long time, and that the earlier-bottled examples possess more fruit than those bottled later. Who can say? Year Wine Name Rating Maturity 1961 Lafite-Rothschild 84 now ボルドー第4版 明るめのルビー/ガーネット色のワインは、高級感のある、雑草のような、ハーブを思わせる、カベルネが主体となったノーズ、やわらかい、洗い落とされた風味を見せていたが、ボディや余韻の長さはほとんどなかったし、もう枯れ始めている。カリフォルニアのモンタレー・カウンティの30年もののカベルネを飲んだら、同じような特徴が見られるかもしれないと思う。1966年のラフィットは、ばらつきはあるにしても優良だったヴィンテージのワインとしては一貫して大変がっかりさせられるワインだった。最終試飲年月:1995年12月 ※写真:ラベル・リコルク・液面 1961 シャトーラフィットロートシルト 750mlA リコルクありCh.Lafite Rothschild 豊富な,品質保証