www.houstonbusinessshow.com

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

Lafite Rothschild

1947 シャトーラフィットロートシルト A 750mlCh.Lafite Rothschild 品質保証,得価

Ch.LAFITE 1947 14 notes, fairly consistent. A beautiful, well-balanced wine in the late 1950s. Not deep, always fairly maturing-looking. By the mid-1980s furthe evolution of bouquet which, in turn, developed in the glass. Touches of iodine, iron, vanilla, ‘medicinal’ Pauillac but always fragrant. Sweetish, a full-flavoured wine with elegance and power, and excellent acidity. The best probably the magnum at a Marin County Wine & Food Society dinner in 1986 シャトー・ラフィット ベリー・ブラザーズの酒庫からの2本のハーフボトルについて:魅力的なブーケ。今ではスリムだが好ましい。最後の試飲は2005年4月。 最上で★★★★飲んでしまうこと。 Michael Broadbent (マイケル・ブロードベンド著 THE NEW GREAT VINTAGE WINE BOOK ) 1947 シャトーラフィットロートシルト A 750mlCh.Lafite Rothschild 品質保証,得価

Lafite Rothschild

1947 シャトーラフィットロートシルト A 750mlCh.Lafite Rothschild 数量限定,品質保証

Ch.LAFITE 1947 14 notes, fairly consistent. A beautiful, well-balanced wine in the late 1950s. Not deep, always fairly maturing-looking. By the mid-1980s furthe evolution of bouquet which, in turn, developed in the glass. Touches of iodine, iron, vanilla, ‘medicinal’ Pauillac but always fragrant. Sweetish, a full-flavoured wine with elegance and power, and excellent acidity. The best probably the magnum at a Marin County Wine & Food Society dinner in 1986 シャトー・ラフィット ベリー・ブラザーズの酒庫からの2本のハーフボトルについて:魅力的なブーケ。今ではスリムだが好ましい。最後の試飲は2005年4月。 最上で★★★★飲んでしまうこと。 Michael Broadbent (マイケル・ブロードベンド著 THE NEW GREAT VINTAGE WINE BOOK ) 1947 シャトーラフィットロートシルト A 750mlCh.Lafite Rothschild 数量限定,品質保証

Lafite Rothschild

1947 シャトーラフィットロートシルト A 750mlCh.Lafite Rothschild 新作入荷,限定SALE

Ch.LAFITE 1947 14 notes, fairly consistent. A beautiful, well-balanced wine in the late 1950s. Not deep, always fairly maturing-looking. By the mid-1980s furthe evolution of bouquet which, in turn, developed in the glass. Touches of iodine, iron, vanilla, ‘medicinal’ Pauillac but always fragrant. Sweetish, a full-flavoured wine with elegance and power, and excellent acidity. The best probably the magnum at a Marin County Wine & Food Society dinner in 1986 シャトー・ラフィット ベリー・ブラザーズの酒庫からの2本のハーフボトルについて:魅力的なブーケ。今ではスリムだが好ましい。最後の試飲は2005年4月。 最上で★★★★飲んでしまうこと。 Michael Broadbent (マイケル・ブロードベンド著 THE NEW GREAT VINTAGE WINE BOOK ) 1947 シャトーラフィットロートシルト A 750mlCh.Lafite Rothschild 新作入荷,限定SALE

Lafite Rothschild

1947 シャトーラフィットロートシルト A 750mlCh.Lafite Rothschild 爆買い,人気SALE

Ch.LAFITE 1947 14 notes, fairly consistent. A beautiful, well-balanced wine in the late 1950s. Not deep, always fairly maturing-looking. By the mid-1980s furthe evolution of bouquet which, in turn, developed in the glass. Touches of iodine, iron, vanilla, ‘medicinal’ Pauillac but always fragrant. Sweetish, a full-flavoured wine with elegance and power, and excellent acidity. The best probably the magnum at a Marin County Wine & Food Society dinner in 1986 シャトー・ラフィット ベリー・ブラザーズの酒庫からの2本のハーフボトルについて:魅力的なブーケ。今ではスリムだが好ましい。最後の試飲は2005年4月。 最上で★★★★飲んでしまうこと。 Michael Broadbent (マイケル・ブロードベンド著 THE NEW GREAT VINTAGE WINE BOOK ) 1947 シャトーラフィットロートシルト A 750mlCh.Lafite Rothschild 爆買い,人気SALE

Lafite Rothschild

1947 シャトーラフィットロートシルト A 750mlCh.Lafite Rothschild 限定セール,定番

Ch.LAFITE 1947 14 notes, fairly consistent. A beautiful, well-balanced wine in the late 1950s. Not deep, always fairly maturing-looking. By the mid-1980s furthe evolution of bouquet which, in turn, developed in the glass. Touches of iodine, iron, vanilla, ‘medicinal’ Pauillac but always fragrant. Sweetish, a full-flavoured wine with elegance and power, and excellent acidity. The best probably the magnum at a Marin County Wine & Food Society dinner in 1986 シャトー・ラフィット ベリー・ブラザーズの酒庫からの2本のハーフボトルについて:魅力的なブーケ。今ではスリムだが好ましい。最後の試飲は2005年4月。 最上で★★★★飲んでしまうこと。 Michael Broadbent (マイケル・ブロードベンド著 THE NEW GREAT VINTAGE WINE BOOK ) 1947 シャトーラフィットロートシルト A 750mlCh.Lafite Rothschild 限定セール,定番

Lafite Rothschild

1952 シャトーマルゴー 750mlCh.Margaux 品質保証,セール

ラベルの文字が消えかかっています。 最初はタンニンが厳しかった、いまだに収斂性を持つ渋み。しかし、良い風味のおかげで甘く爽やか。最後の記録は2000年11月。★★ (ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳) 1952 シャトーマルゴー 750mlCh.Margaux 品質保証,セール

Lafite Rothschild

1953 シャトーマルゴー 750mlCh.Margaux 新作登場,定番

これこそひとつの指標的ワイン。マルゴーの全ヴィンテージのうちでも屈指。最新の試飲はマグナム数本にて:十分に熟成して、へりは色を失って明るさ(濃厚色の反対)がある。非常に芳しい「カキ殻」、ヨード臭のブーケ。リッチで楽しいが、盛りを過ぎたことは認めねばならない。最後の記録は2005年5月。最上で★★★★★ (ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳) Year Wine Name Rating Maturity 1953 Chateau Margaux 98 N/A Wine Advocate #95 Oct 1994 The 1953 Margaux has been delicious for most of its life. Bottles from the cold, damp Paris cellars of the French wine merchant, Nicolas, have exhibited an impressively dark ruby/purple color with only slight lightening at the edge. Its huge nose possesses rich scents of violets, sweet cassis fruit, and spices. Round and opulent, with a velvety texture and gobs of sweet, jammy fruit, this is Chateau Margaux at its most seductive. 1953 シャトーマルゴー 750mlCh.Margaux 新作登場,定番

Lafite Rothschild

1955 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour お得,人気セール

Year Wine Name Rating Maturity 1955 Latour 94 now-2020 ボルドー第4版 数多くの卓越した驚きのワインを供給したこのヴィンテージ(特にメドックとグラーヴ)からの壮観なラトゥール、深みのあるガーネット色の1956年は、縁にいくらか琥珀色も見られる。いまだにタニックなままであるが、燻製肉、乾燥ハーブ、西洋杉、黒系果実、森の下生え、なめし革の並はずれた芳香は魅惑的だ。1971年や1967年といったヴィンテージをしのばせる。フルボディのワインで、甘い、強烈な中間部があり、力強さもたっぷりで、11年の寿命が残っている。過小評価されているが、絶句するほどすばらしいワインだ。さらによくなるかもしれない。予想される飲み頃:現在~2020年。最終試飲年月:2000年7月 1955 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour お得,人気セール

Lafite Rothschild

1955 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 大人気,人気セール

Year Wine Name Rating Maturity 1955 Latour 94 now-2020 ボルドー第4版 数多くの卓越した驚きのワインを供給したこのヴィンテージ(特にメドックとグラーヴ)からの壮観なラトゥール、深みのあるガーネット色の1956年は、縁にいくらか琥珀色も見られる。いまだにタニックなままであるが、燻製肉、乾燥ハーブ、西洋杉、黒系果実、森の下生え、なめし革の並はずれた芳香は魅惑的だ。1971年や1967年といったヴィンテージをしのばせる。フルボディのワインで、甘い、強烈な中間部があり、力強さもたっぷりで、11年の寿命が残っている。過小評価されているが、絶句するほどすばらしいワインだ。さらによくなるかもしれない。予想される飲み頃:現在~2020年。最終試飲年月:2000年7月 1955 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 大人気,人気セール

Lafite Rothschild

1955 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 安い,得価

Year Wine Name Rating Maturity 1955 Latour 94 now-2020 ボルドー第4版 数多くの卓越した驚きのワインを供給したこのヴィンテージ(特にメドックとグラーヴ)からの壮観なラトゥール、深みのあるガーネット色の1956年は、縁にいくらか琥珀色も見られる。いまだにタニックなままであるが、燻製肉、乾燥ハーブ、西洋杉、黒系果実、森の下生え、なめし革の並はずれた芳香は魅惑的だ。1971年や1967年といったヴィンテージをしのばせる。フルボディのワインで、甘い、強烈な中間部があり、力強さもたっぷりで、11年の寿命が残っている。過小評価されているが、絶句するほどすばらしいワインだ。さらによくなるかもしれない。予想される飲み頃:現在~2020年。最終試飲年月:2000年7月 1955 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 安い,得価

Lafite Rothschild

1955 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 定番,SALE

Year Wine Name Rating Maturity 1955 Latour 94 now-2020 ボルドー第4版 数多くの卓越した驚きのワインを供給したこのヴィンテージ(特にメドックとグラーヴ)からの壮観なラトゥール、深みのあるガーネット色の1956年は、縁にいくらか琥珀色も見られる。いまだにタニックなままであるが、燻製肉、乾燥ハーブ、西洋杉、黒系果実、森の下生え、なめし革の並はずれた芳香は魅惑的だ。1971年や1967年といったヴィンテージをしのばせる。フルボディのワインで、甘い、強烈な中間部があり、力強さもたっぷりで、11年の寿命が残っている。過小評価されているが、絶句するほどすばらしいワインだ。さらによくなるかもしれない。予想される飲み頃:現在~2020年。最終試飲年月:2000年7月 1955 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 定番,SALE

Lafite Rothschild

1955 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 最安値,人気

Year Wine Name Rating Maturity 1955 Latour 94 now-2020 ボルドー第4版 数多くの卓越した驚きのワインを供給したこのヴィンテージ(特にメドックとグラーヴ)からの壮観なラトゥール、深みのあるガーネット色の1956年は、縁にいくらか琥珀色も見られる。いまだにタニックなままであるが、燻製肉、乾燥ハーブ、西洋杉、黒系果実、森の下生え、なめし革の並はずれた芳香は魅惑的だ。1971年や1967年といったヴィンテージをしのばせる。フルボディのワインで、甘い、強烈な中間部があり、力強さもたっぷりで、11年の寿命が残っている。過小評価されているが、絶句するほどすばらしいワインだ。さらによくなるかもしれない。予想される飲み頃:現在~2020年。最終試飲年月:2000年7月 1955 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 最安値,人気

Lafite Rothschild

1955 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 最安値,得価

Year Wine Name Rating Maturity 1955 Latour 94 now-2020 ボルドー第4版 数多くの卓越した驚きのワインを供給したこのヴィンテージ(特にメドックとグラーヴ)からの壮観なラトゥール、深みのあるガーネット色の1956年は、縁にいくらか琥珀色も見られる。いまだにタニックなままであるが、燻製肉、乾燥ハーブ、西洋杉、黒系果実、森の下生え、なめし革の並はずれた芳香は魅惑的だ。1971年や1967年といったヴィンテージをしのばせる。フルボディのワインで、甘い、強烈な中間部があり、力強さもたっぷりで、11年の寿命が残っている。過小評価されているが、絶句するほどすばらしいワインだ。さらによくなるかもしれない。予想される飲み頃:現在~2020年。最終試飲年月:2000年7月 1955 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 最安値,得価

Lafite Rothschild

1955 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 限定SALE,正規品

Year Wine Name Rating Maturity 1955 Latour 94 now-2020 ボルドー第4版 数多くの卓越した驚きのワインを供給したこのヴィンテージ(特にメドックとグラーヴ)からの壮観なラトゥール、深みのあるガーネット色の1956年は、縁にいくらか琥珀色も見られる。いまだにタニックなままであるが、燻製肉、乾燥ハーブ、西洋杉、黒系果実、森の下生え、なめし革の並はずれた芳香は魅惑的だ。1971年や1967年といったヴィンテージをしのばせる。フルボディのワインで、甘い、強烈な中間部があり、力強さもたっぷりで、11年の寿命が残っている。過小評価されているが、絶句するほどすばらしいワインだ。さらによくなるかもしれない。予想される飲み頃:現在~2020年。最終試飲年月:2000年7月 1955 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 限定SALE,正規品

Lafite Rothschild

1957 シャトーマルゴー 750mlCh.Margaux 高品質,新品

エチケットの状態・液面 1957 シャトーマルゴー 750mlCh.Margaux 高品質,新品

Lafite Rothschild

1959 シャトーマルゴー 750mlCh.Margaux 豊富な,限定SALE

1959 シャトーマルゴー 750mlCh.Margaux 豊富な,限定SALE

Lafite Rothschild

1959 シャトーマルゴー マグナムCh.Margaux 1500ml SALE,定番人気

暖かく、豊かで、均され、完成され、調和のとれたブーケ。甘く、コクがあり、リッチでまろやか。しかし、思い返すと、29の記録のうち、6つほどは失望を記した。主としてコルクがお粗末で、目減りが進んでいたからである。最後の試飲は2001年12月。最上品は極上の ★★★★★   (ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードバンド著) 1959 シャトーマルゴー マグナムCh.Margaux 1500ml SALE,定番人気

Lafite Rothschild

1959 シャトーラフィットロートシルト フルボトル A Ch.Lafite Rothschild 750ml 1bt 低価,本物保証

(液面レベル) トップ・ショルダー 15年以上経過したワインは、通常この液面レベルです。 Year Wine Name Rating Maturity 1959 Lafite-Rothschild 99 1994-2024 Wine Advocate # 194 May 2011 The 1959 is unquestionably the greatest Lafite-Rothschild that has approached full maturity. It remains to be seen whether vintages such as 1982, 1986, and 1990 will reach a similar height. The super-aromatic bouquet of flowers, black truffles, cedar, lead pencil, and red fruits is followed by one of the most powerful and concentrated Lafites I have tasted. Medium to full-bodied, velvety-textured, rich, and pure, it is a testament to what this great estate can achieve when it hits the mark. This youthful wine will last for another 30 or more years. 1959年(99点、最終試飲月:94年10月)は、完全な飲み頃に近づいているラフィット=ロートシルトのうちで間違いなく最も偉大なワインである1982年,1986年,1990年などのヴィンテージが同様の高みに近づくのか見守る必要はあるが。 花、黒トリュフ、西洋杉、鉛筆、赤い果実から成る非常に香り高いブーケの後に、私が今までにティスティングしたなかでも最高の部類の力強さと凝縮感のある味わいが続く。ミディアムボディからフルボディで、ビロードの舌触りがあり、豊かで 純粋なワインだ。この偉大なるブドウ園が目標を達成したときに得られる成果の証と言えよう。この若々しいワインは、さらに30年以上もつだろう。 Ch.LAFITE 1959 24 notes since 1975. Undoubtedly a great wine. Very rich, fragrant, elegant, though hefty for Lafite. Plenty of life. Good notes from the mid-1970s to the 1980s, with theexception of a rather ‘hot’ slightly acidic bottle at Flatt’s marathon in 1988.Most recently Walter Eigensatz presented us with bottles, magnums, a double-magnum, a jeroboam and an imperiale which were tasted blind in random order. The imperiale I noted as ‘’firm’’ with ‘’great length’’ and ‘’needs more time’’. The jeroboam was perfect and just surged out of the glass. The double-magnum seemed the most supple and ready; the magnums excellent; the bottles slightly variable. ラフィットの史上で最良品のひとつで、もっと繊細な香りの53年物とは全く異なる。 長持ちする。最新の試飲はマグナムにて:ダークチェリー色の芯を持つ深い色。香りの出現が遅く、最初はかすかな鉄臭の抑えた芳香であった。甘い、おいしい風味が満ちる。偉大な余韻。 歯を引き締めるようなタンニンがあってスパイシー。ラフィットの名を裏切らない。 出色。最後の試飲は2006年7月。★★★★★ 今後さらに良くなるだろう。 Michael Broadbent (マイケル・ブロードベンド著 THE NEW GREAT VINTAGE WINE BOOK )  1959 シャトーラフィットロートシルト フルボトル A Ch.Lafite Rothschild 750ml 1bt 低価,本物保証

Lafite Rothschild

1959 シャトーラフィットロートシルト フルボトル A Ch.Lafite Rothschild 750ml 1bt 定番,爆買い

(液面レベル) トップ・ショルダー 15年以上経過したワインは、通常この液面レベルです。 Year Wine Name Rating Maturity 1959 Lafite-Rothschild 99 1994-2024 Wine Advocate # 194 May 2011 The 1959 is unquestionably the greatest Lafite-Rothschild that has approached full maturity. It remains to be seen whether vintages such as 1982, 1986, and 1990 will reach a similar height. The super-aromatic bouquet of flowers, black truffles, cedar, lead pencil, and red fruits is followed by one of the most powerful and concentrated Lafites I have tasted. Medium to full-bodied, velvety-textured, rich, and pure, it is a testament to what this great estate can achieve when it hits the mark. This youthful wine will last for another 30 or more years. 1959年(99点、最終試飲月:94年10月)は、完全な飲み頃に近づいているラフィット=ロートシルトのうちで間違いなく最も偉大なワインである1982年,1986年,1990年などのヴィンテージが同様の高みに近づくのか見守る必要はあるが。 花、黒トリュフ、西洋杉、鉛筆、赤い果実から成る非常に香り高いブーケの後に、私が今までにティスティングしたなかでも最高の部類の力強さと凝縮感のある味わいが続く。ミディアムボディからフルボディで、ビロードの舌触りがあり、豊かで 純粋なワインだ。この偉大なるブドウ園が目標を達成したときに得られる成果の証と言えよう。この若々しいワインは、さらに30年以上もつだろう。 Ch.LAFITE 1959 24 notes since 1975. Undoubtedly a great wine. Very rich, fragrant, elegant, though hefty for Lafite. Plenty of life. Good notes from the mid-1970s to the 1980s, with theexception of a rather ‘hot’ slightly acidic bottle at Flatt’s marathon in 1988.Most recently Walter Eigensatz presented us with bottles, magnums, a double-magnum, a jeroboam and an imperiale which were tasted blind in random order. The imperiale I noted as ‘’firm’’ with ‘’great length’’ and ‘’needs more time’’. The jeroboam was perfect and just surged out of the glass. The double-magnum seemed the most supple and ready; the magnums excellent; the bottles slightly variable. ラフィットの史上で最良品のひとつで、もっと繊細な香りの53年物とは全く異なる。 長持ちする。最新の試飲はマグナムにて:ダークチェリー色の芯を持つ深い色。香りの出現が遅く、最初はかすかな鉄臭の抑えた芳香であった。甘い、おいしい風味が満ちる。偉大な余韻。 歯を引き締めるようなタンニンがあってスパイシー。ラフィットの名を裏切らない。 出色。最後の試飲は2006年7月。★★★★★ 今後さらに良くなるだろう。 Michael Broadbent (マイケル・ブロードベンド著 THE NEW GREAT VINTAGE WINE BOOK )  1959 シャトーラフィットロートシルト フルボトル A Ch.Lafite Rothschild 750ml 1bt 定番,爆買い

Lafite Rothschild

1959 シャトーラフィットロートシルト フルボトル A Ch.Lafite Rothschild 750ml 1bt 高品質,HOT

(液面レベル) トップ・ショルダー 15年以上経過したワインは、通常この液面レベルです。 Year Wine Name Rating Maturity 1959 Lafite-Rothschild 99 1994-2024 Wine Advocate # 194 May 2011 The 1959 is unquestionably the greatest Lafite-Rothschild that has approached full maturity. It remains to be seen whether vintages such as 1982, 1986, and 1990 will reach a similar height. The super-aromatic bouquet of flowers, black truffles, cedar, lead pencil, and red fruits is followed by one of the most powerful and concentrated Lafites I have tasted. Medium to full-bodied, velvety-textured, rich, and pure, it is a testament to what this great estate can achieve when it hits the mark. This youthful wine will last for another 30 or more years. 1959年(99点、最終試飲月:94年10月)は、完全な飲み頃に近づいているラフィット=ロートシルトのうちで間違いなく最も偉大なワインである1982年,1986年,1990年などのヴィンテージが同様の高みに近づくのか見守る必要はあるが。 花、黒トリュフ、西洋杉、鉛筆、赤い果実から成る非常に香り高いブーケの後に、私が今までにティスティングしたなかでも最高の部類の力強さと凝縮感のある味わいが続く。ミディアムボディからフルボディで、ビロードの舌触りがあり、豊かで 純粋なワインだ。この偉大なるブドウ園が目標を達成したときに得られる成果の証と言えよう。この若々しいワインは、さらに30年以上もつだろう。 Ch.LAFITE 1959 24 notes since 1975. Undoubtedly a great wine. Very rich, fragrant, elegant, though hefty for Lafite. Plenty of life. Good notes from the mid-1970s to the 1980s, with theexception of a rather ‘hot’ slightly acidic bottle at Flatt’s marathon in 1988.Most recently Walter Eigensatz presented us with bottles, magnums, a double-magnum, a jeroboam and an imperiale which were tasted blind in random order. The imperiale I noted as ‘’firm’’ with ‘’great length’’ and ‘’needs more time’’. The jeroboam was perfect and just surged out of the glass. The double-magnum seemed the most supple and ready; the magnums excellent; the bottles slightly variable. ラフィットの史上で最良品のひとつで、もっと繊細な香りの53年物とは全く異なる。 長持ちする。最新の試飲はマグナムにて:ダークチェリー色の芯を持つ深い色。香りの出現が遅く、最初はかすかな鉄臭の抑えた芳香であった。甘い、おいしい風味が満ちる。偉大な余韻。 歯を引き締めるようなタンニンがあってスパイシー。ラフィットの名を裏切らない。 出色。最後の試飲は2006年7月。★★★★★ 今後さらに良くなるだろう。 Michael Broadbent (マイケル・ブロードベンド著 THE NEW GREAT VINTAGE WINE BOOK )  1959 シャトーラフィットロートシルト フルボトル A Ch.Lafite Rothschild 750ml 1bt 高品質,HOT

Lafite Rothschild

1959 テタンジェコントドシャンパーニュ ブランドブラン 箱なし 並行品 Taittinger Comtes de Champagne Blanc de Blancs 750ml 新作,お得

1959 テタンジェコントドシャンパーニュ ブランドブラン 箱なし 並行品 Taittinger Comtes de Champagne Blanc de Blancs 750ml 新作,お得

Lafite Rothschild

1959 ロマネコンティRomanee Conti ドメーヌにてリコルクシリアルナンバーなし 数量限定,品質保証

※ドメーヌにてリコルク(リコルクされた年は不明)  ドメーヌにてリコルクされたボトルのため、  ラベルにシリアルナンバーは記載されておりません。 ロマネ・コンティ 1959   40hl/ha  収穫 9月26日 「深い色 ― 限界のぎりぎりまで熟している。豊潤なコーヒーの香り、森の下草の匂いが強い、すみれの芳香も豊か。植物的な基調 ― そこに酸化したココアの香りが混じる。ココアとアルコールの口あたり。やや精彩に欠ける―年を取りつつある。」 (セレナ・サトクリフ) 「マホガニーの赤。1961年ほど香りは強烈ではない。干した牛肉のような匂い ― 空気に長く触れさせると、それが洗練されてくる。非常にフルボディ。1952年や1953年の複雑さに達するにはまだ若すぎる。しかし、どれほど優雅なものに育つか、見当もつかない!」 (ミシェル・ベターヌ) 「深いマホガニー色。高度な文明的な香り。完璧な調和。非常に後味の長い、一級品。偉大なる高貴さ」 (ミシェル・ドヴァーズ) 『ロマネ・コンティ』 リチャード・オルニー 著 山本博 訳 エチケットの状態・液面 ラベル:わずかな汚れ 液面:32mm 1959 ロマネコンティRomanee Conti ドメーヌにてリコルクシリアルナンバーなし 数量限定,品質保証

Lafite Rothschild

1959 ロマネコンティRomanee Conti ドメーヌにてリコルクシリアルナンバーなし 新品,正規品

※ドメーヌにてリコルク(リコルクされた年は不明)  ドメーヌにてリコルクされたボトルのため、  ラベルにシリアルナンバーは記載されておりません。 ロマネ・コンティ 1959   40hl/ha  収穫 9月26日 「深い色 ― 限界のぎりぎりまで熟している。豊潤なコーヒーの香り、森の下草の匂いが強い、すみれの芳香も豊か。植物的な基調 ― そこに酸化したココアの香りが混じる。ココアとアルコールの口あたり。やや精彩に欠ける―年を取りつつある。」 (セレナ・サトクリフ) 「マホガニーの赤。1961年ほど香りは強烈ではない。干した牛肉のような匂い ― 空気に長く触れさせると、それが洗練されてくる。非常にフルボディ。1952年や1953年の複雑さに達するにはまだ若すぎる。しかし、どれほど優雅なものに育つか、見当もつかない!」 (ミシェル・ベターヌ) 「深いマホガニー色。高度な文明的な香り。完璧な調和。非常に後味の長い、一級品。偉大なる高貴さ」 (ミシェル・ドヴァーズ) 『ロマネ・コンティ』 リチャード・オルニー 著 山本博 訳 エチケットの状態・液面 ラベル:わずかな汚れ 液面:32mm 1959 ロマネコンティRomanee Conti ドメーヌにてリコルクシリアルナンバーなし 新品,正規品

Lafite Rothschild

1959 ロマネコンティRomanee Conti ドメーヌにてリコルクシリアルナンバーなし 高品質,お得

※ドメーヌにてリコルク(リコルクされた年は不明)  ドメーヌにてリコルクされたボトルのため、  ラベルにシリアルナンバーは記載されておりません。 ロマネ・コンティ 1959   40hl/ha  収穫 9月26日 「深い色 ― 限界のぎりぎりまで熟している。豊潤なコーヒーの香り、森の下草の匂いが強い、すみれの芳香も豊か。植物的な基調 ― そこに酸化したココアの香りが混じる。ココアとアルコールの口あたり。やや精彩に欠ける―年を取りつつある。」 (セレナ・サトクリフ) 「マホガニーの赤。1961年ほど香りは強烈ではない。干した牛肉のような匂い ― 空気に長く触れさせると、それが洗練されてくる。非常にフルボディ。1952年や1953年の複雑さに達するにはまだ若すぎる。しかし、どれほど優雅なものに育つか、見当もつかない!」 (ミシェル・ベターヌ) 「深いマホガニー色。高度な文明的な香り。完璧な調和。非常に後味の長い、一級品。偉大なる高貴さ」 (ミシェル・ドヴァーズ) 『ロマネ・コンティ』 リチャード・オルニー 著 山本博 訳 エチケットの状態・液面 ラベル:わずかな汚れ 液面:32mm 1959 ロマネコンティRomanee Conti ドメーヌにてリコルクシリアルナンバーなし 高品質,お得